Workspace ONE Intelligent Hub 19.07 for Android リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、Workspace ONE Intelligent Hub 19.07 for Android の一般公開のお知らせです。

 

新機能

  • AAGNT-186454:チェックイン時に MX フレームワークを使用してアプリ データを消去。
  • AAGNT-185548:Android (Legacy) から Android Enterprise (仕事用プロファイル) への移行をサポート。
  • HUB-1991:Hub カタログでネイティブ UI が利用可能に。

 

バグ修正

  • AAGNT-186614:プロダクトを使用して Launcher プロファイルをプッシュしても Launcher アプリをダウンロードできない問題を解決。
  • AAGNT-186529:1 つのプロダクトで強制再処理を有効にすると、Intelligent Hub を強制終了して再起動するまでは、それ以降のすべての通常プロダクトで強制再処理が有効になってしまう問題を修正。
  • AAGNT-186518:Panasonic FZ-B2 デバイスにおいてデバッグ ログの要求が機能しない問題を修正。
  • AAGNT-186465:KME のデバイス所有者モード プロファイルの JSON にグループ ID が含まれているにもかかわらず、Intelligent Hub でグループ ID を求める画面が表示される問題を解決。
  • AAGNT-186354:[Play ストアからサービスアプリをプッシュする] を有効にしていると、Intelligent Hub 19.04 で QR コードを使用してデバイスを Android (Legacy) 加入することができない問題を修正。
  • AAGNT-186350:Zebra TC51 デバイスに公開鍵証明書がインストールされない問題を修正。
  • AAGNT-185619:Zebra TC70x デバイスにおいて、制限プロファイルを削除すると「提供元不明のアプリ」の設定が有効になる問題を修正。
  • AAGNT-184949:Rapid Deployment クライアントを使用してユニバーサル バーコード加入ができない問題を修正。
  • AAGNT-183852:デバイスでファイル/アクションやアプリのダウンロードに必要なメモリが不足しているとジョブが処理途中の状態で停止する問題を解決。

 

お客様へのお願い

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、Workspace ONE Intelligent Hub 19.07 for Android をダウンロードしてください。 

最小要件

  • Android 4.1+
  • Workspace ONE UEM 9.5+

Workspace ONE Intelligent Hub 19.07 for Android のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合:プロンプトが表示されたらアプリを更新するよう、エンドユーザーに指示してください。これにより、アプリが既存のバージョンから新しいバージョンへシームレスに更新されます。企業にとって重要なデバイス機能に影響を与えることはありません。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合:Google Play ストアからダウンロードするよう、エンドユーザーに指示してください。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing Workspace ONE Intelligent Hub 19.07 for Android」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.