AirWatch Container アプリにおける Android Q との互換性対応は対象外

概要

今後の AirWatch Container アプリのサポート終了に伴い、AirWatch Container for Android アプリにおいて Android Q との互換性は提供されません。

Android Q での変更の詳細は、別のナレッジ ベース記事を参照してください。

 

お客様へのお願い

デバイスを Android Q にアップグレードすると、AirWatch Container でクラッシュが発生します。また、Workspace ONE SDK 機能、侵害対策機能、新規アプリのインストール機能、Workspace ONE UEM コンソールへのチェックイン機能、Workspace ONE UEM へのデータ送信機能が利用できなくなります。
Android Q を適用するデバイスでは、AirWatch Container から加入解除し、Workspace ONE Intelligent Hub アプリを介した Android Enterprise の仕事用プロファイル加入を使用することを推奨します。

 

移行方法

最小要件

  • Workspace ONE UEM 9.5+
  • Workspace ONE Intelligent Hub 9.0+ for Android
    :Google Play ストア上の、最新バージョンの Workspace ONE Intelligent Hub を使用することを推奨します。

Workspace ONE UEM コンソールでの操作

  • [設定] > [デバイスとユーザー] > [Android] > [Android EMM 登録] で Android Enterprise を有効にします。
    :Android Enterprise を有効にする手順は、こちらを参照してください。
    AW_Container_Android_1.png
  • Workspace ONE UEM のメッセージ テンプレートを利用して、Workspace ONE Intelligent Hub アプリを使用して加入するよう、ユーザーに指示します。

エンドユーザーの実行手順

  • AirWatch Container アプリをアンインストールします。
  • Google Play ストアから最新の Workspace ONE Intelligent Hub for Android アプリをダウンロードします。
  • Workspace ONE Intelligent Hub アプリを起動します。
  • アクティベーション E メールで送信された情報を使用して、Android Enterprise の仕事用プロファイルで加入します。
  • デバイスを仕事用プロファイルで加入する手順の詳細は、こちらを参照してください。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「The AirWatch Container app is not compatible with Android Q」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.