Workspace ONE Assist 5.2 for Windows 10 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、Workspace ONE Assist 5.2 for Windows 10 の一般公開のお知らせです。

新機能

  • Workspace ONE Assist (以前の VMware Advanced Remote Management) において、Android、iOS、Windows CE/Mobile プラットフォームに加え、Windows 10 プラットフォームをサポート。
  • Windows 10 でサポートされるツール:
    • 画面を共有:リモート デバイスの画面を表示することや操作することが可能です。
    • ファイルを管理:リモート デバイスのファイル システムにアクセスすることができます。
    • リモート シェル:リモート デバイスの PowerShell インターフェイスにアクセスすることができます。
  • 主な機能:
    • オンスクリーン仮想キーボード
    • よく使用される設定やアプリへのショートカット
    • 強化されたプライバシーおよびセキュリティ機能 (PIN 入力を必要とする認証、継続的な通知の表示、セッションの一時停止や再開といったエンドユーザー制御など)
    • 複数モニターのサポート
    • デバイス、アプリ、プロセスに関する詳細な情報のエクスポート
    • 再起動やネットワーク接続の中断の後に、自動的にネットワークに再接続する機能

 

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、Workspace ONE Assist 5.2 for Windows 10 をダウンロードしてください。

最小要件

  • Windows 10 (64 ビット) Anniversary Update+ (Enterprise および Pro エディション)
  • NVIDIA または Intel グラフィック チップセット
  • Workspace ONE Intelligent Hub 1907+
  • Workspace ONE UEM 1907+
  • 最新バージョンのブラウザ (Chrome、Edge、Firefox、または Safari)

現行バージョンの制限

  • 縦向きでの画面表示がサポートされない。

Workspace ONE Assist 5.2 for Windows 10 のダウンロード手順

  • Windows 10 Assist エージェントを My Workspace ONE からダウンロードし、パッケージに含まれる手順に従います。[プロダクト プロビジョニング] の機能または [アプリとブック] の機能を使用してアプリをプッシュしてください。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing Workspace ONE Assist 5.2 for Windows 10」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.