ESC-19126:Workspace ONE UEM の管理者モニタリング設定で「許可済みの IP」が有効になっていると、Intelligent Hub 19.06 を使用して Android デバイスを加入できない

管理番号

ESC-19126

 

対象バージョン

Workspace ONE Intelligent Hub 19.06 for Android

 

現象

加入時に E メール アドレスまたはデバイス サービス URL を入力すると、次のエラーが表示されて加入することができません。
「検出で異常が発生しました」

このエラーは、Intelligent Hub がデバイス サービスの監視エンドポイントを使用して Workspace ONE UEM バージョンを確認しようとしたときに表示されます。デバイスがエンドポイントの確認をブロックされると加入に失敗します。

 

対処方法

[設定] > [管理者] > [モニタリング] にある [許可済みの IP] (グローバル組織グループでのみ構成可能) を使用して IP アドレスをホワイトリスト登録している場合に、このエンドポイントがデバイスをブロックします。このフィールドを削除してキャッシュを消去し、続いてデバイス サービス サーバの IIS リセットするとこのホワイトリスト設定は無効になり、デバイスは再びエンドポイントを確認できるようになります。

 

修正バージョン

解決に向けて現在、弊社製品チームがこの問題に取り組んでいます。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「ESC-19126: Android devices using Intelligent Hub 19.06 cannot enroll if 'Allowed IPs' is enabled in the Admin Monitoring settings in Workspace ONE UEM」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.