VMware Workspace ONE PIV-D Manager 1.3 for Android リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから VMware Workspace ONE PIV-D Manager 1.3 for Android の一般公開のお知らせです。

 

新機能

  • APIVD-128、APIVD-129:Bluetooth で Windows および macOS マシンにログインできる新機能を導入 (Entrust を介して派生資格情報を登録する必要があります)。
  • APIVD-114:Hub アプリの既存のログイン セッションを使用して、KNOX コンテナ内で PIV-D へのシングル サインオンが可能に。
  • APIVD-130:内部ダウンロードに代わり、Google Play ストアから Android PIV-D を入手可能に。
  • APIVD-115:新しいプライバシー画面を導入し、アプリ使用時に必要なプライバシー権限や処理されるデータについてのエンドユーザーに対する透明性を実現。

 

バグ修正

  • APIVD-145:証明書に入れ子要素を使用したサブジェクト識別名が含まれていると、Intercede で派生資格情報を登録できない問題を修正。

 

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、Workspace ONE PIV-D Manager 1.3 for Android をダウンロードしてください。

最小要件

  • Android 5.0+ (KNOX Container 使用時は Android 7.0+)
  • Workspace ONE Intelligent Hub 1904
  • Workspace ONE UEM (AirWatch コンソール) 9.3+

Workspace ONE PIV-D Manager 1.3 for Android のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合:Workspace ONE PIV-D Manager 1.3 は Google Play ストアで公開される初めてのバージョンになります。古いバージョンが社内アプリとしてインストールされている場合、Google Play ストアから新しいバージョンをダウンロードし、古いバージョンの社内アプリをアンインストールするよう、エンドユーザーに指示してください。
    注:アプリの新しいバージョンにおいて、派生資格情報を再度アクティブ化する必要があります。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合:Google Play ストアからダウンロードするよう、エンドユーザーに指示してください。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware Workspace ONE PIV-D Manager 1.3 for Android」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.