VMware Workspace ONE Intelligence 2019/04/24 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、VMware Workspace ONE Intelligence 2019/04/24 リリースの新規アップデート一般公開のお知らせです。

 

新機能

フィルタ (If) 条件を使用して、Workspace ONE UEM の既知の状態データすべてや新たに受信する状態データすべてに対して、自動化を実行することが可能に。

  • 新しい自動化を作成または既存の自動化を編集するときに、フィルタ結果すべてのプレビューが利用できます。
  • このプレビューにより、管理者は影響を受ける既知のターゲットすべてを参照できます。
  • 影響を受ける既知のターゲットを確認した後、自動化の変更を保存し、既知の状態や新たに受信する状態に対してワークフローの実行を開始することができます。

解決済みの問題についての情報は、VMware Docs の「VMware Workspace ONE Intelligence Release Notes」(VMware Workspace ONE Intelligence リリース ノート) を参照してください。 

 

お客様にとってのメリット

Workspace ONE UEM コンソールから、ぜひこの新規アップデートをご利用ください。[モニタ] > [Intelligence] と進み、このサービスの利用を開始する操作を実行してください。

 

互換性とインストール/アップグレード

オンプレミス展開での要件

Workspace ONE Intelligence Connector をダウンロード/インストールしてください。この操作により、Workspace ONE UEM コンソールで Intelligence の利用オプションが有効になります。[モニタ] > [Intelligence] から Intelligence コンソールにアクセスし、テクニカル プレビュー機能をお試しください。

製品ドキュメント

Workspace ONE Intelligence の製品ドキュメントについては、こちらをご覧ください。

システム正常性ステータス

Workspace ONE Intelligence のシステム正常性ステータスはこちらの受信登録 (SUBSCRIBE) を行ってください。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware Workspace ONE Intelligence April 24th, 2019 Release」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.