VMware Workspace ONE UEM 1904 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、SaaS 環境での Workspace ONE UEM 1904 リリースのお知らせです。SaaS 環境は順次、Workspace ONE UEM 1904 にアップグレードされます。ご利用の環境のアップグレード予定については、My Workspace ONEMy Company ページでご確認ください。 

 

新機能

さらに詳しい情報は、VMware Docs の「Workspace ONE UEM 1904 Release Notes」(Workspace ONE UEM 1904 リリース ノート) を参照してください。 

  • 管理者は、ユーザー名とパスワードをブラウザ キャッシュに保存して、以降のログインで使用できるようになりました。
  • Google 社は、Firebase Cloud Messaging (FCM) と呼ばれる、新しいクラウド メッセージング プラットフォームへの移行を促すため、Google Cloud Messaging を廃止することを表明しました。Workspace ONE UEM は FCM をサポートしています。
  • 管理者は、ユーザーの E メール アドレスの代わりに代替属性を指定することにより、Google Suite への API 呼び出しで使用される属性をカスタマイズできます。
  • UEM 1904 で macOS Intelligent Hub 19.04 の機能がサポートされました。この機能には、強化されたカタログ、People、通知、およびカスタム ホーム タブが含まれています。
  • リレー サーバを構成するときに、高耐久性デバイス向けリレー サーバで HTTPS プロトコルを選択できるようになりました (StageNow バーコードの構成を含みます)。
  • Dell Provisioning for VMware Workspace ONE のプロビジョニング パッケージ管理が容易になりました。テンプレートを使用してアプリを含むプロビジョニング パッケージの設定を構成し、後で使用するために設定を保存することができます。

詳細は、こちらのリリース ノートをご覧ください。 

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing Workspace ONE UEM 1904」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.