オンプレミス環境の VMware Identity Manager サービス 19.03 には組み込みコネクタが含まれない

背景

組み込みコネクタ コンポーネントは、オンプレミス環境向け VMware Identity Manager サービス 19.03 リリースでは利用できません。コネクタ機能をご利用のお客様は、別途 VMware Identity Manager Windows Connector を展開する必要があります。

VMware Identity Manager 19.03 リリースの詳細は、こちらのリリース アナウンスを参照してください。 

 

お客様への影響

この組み込みコネクタの廃止によって機能が失われるわけではありません。

現在、組み込みコネクタを利用している場合は、オンプレミス環境の VMware Identity Manager サービスをバージョン 19.03 にアップグレードする際に、組み込みコネクタの設定を別途展開する VMware Identity Manager Windows Connector に移行する必要があります。これにより、今まで組み込みコネクタを使用していたユースケースに対応することができます。移行についての詳細な手順は、以下のアップグレード ガイドを参照してください。

なお、VMware Identity Manager Windows Connector を展開し、Connector で手動でパスワード以外の認証方法を構成するために、アップグレード実行中にダウンタイムが発生します。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「On-Premises VMware Identity Manager Service 19.03 Will Not Contain an Embedded Connector」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.