Workspace ONE Boxer で個人向け Gmail アカウントを使用するユーザーに対する Google 社のデータ プライバシー通知について

概要

エンドユーザーのセキュリティとプライバシーを強化するために、Google 社はいくつかのより強力な管理機能およびポリシーを導入しました。これに伴い、VMware Workspace ONE Boxer for Android/iOS などの、コンシューマ レベルの Gmail アカウントにアクセスするサードパーティ製アプリは、Gmail API を中心としたこの新しい標準に従う必要があります。
 

この変更により、Workspace ONE Boxer で個人向け Gmail アカウントを使用しているユーザーに対して、2019 年 3 月中旬に Google 社から次のような通知が送信されました。


Gmail

この通知は、特定の Gmail OAuth プロセスが VMware によって実行される必要があったために送信されました。

 

お客様への影響

この通知は、VMware Workspace ONE Boxer アプリで個人向け Gmail アカウントを設定しているユーザーにのみ影響があります。詳細は以下の表をご覧ください。

アカウント タイプ 影響の有無 メモ

Exchange アカウント

影響はありません

この問題による企業向けや個人向け Exchange アカウントへの影響はありません

企業向け G-Suite アカウント

影響はありません

この問題による企業向け G-Suite アカウントへの影響はありません

個人向け Gmail アカウント

影響を受けます

コンシューマ用途や企業用途 (許可されている場合) でご利用の個人向け Gmail アカウントが影響を受けます

 

解決方法

Google 社の E メール原文によると、2019 年 3 月 31 日以降、既存および新規の Workspace ONE Boxer ユーザーは新しい Gmail アカウントを追加することができなくなると記述されています。これに対し、VMware は Google 社とともにこの問題を修正しました。また、引き続き Google 社と協力して、エンドユーザー様にサービスをご利用いただけるよう取り組んでいます。既存および新規のユーザーは、2019 年 3 月 31 日以降も引き続き個人向け Gmail アカウントを Workspace ONE Boxer に追加することが可能です。

 

必要に応じてこのナレッジベース記事の受信登録 (SUBSCRIBE) を行い、この問題に関する今後の情報を入手できるようにしてください。

 

お問い合わせ 

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

敬具 

VMware Workspace ONE チーム  

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Google Data Privacy Notification For Workspace ONE Boxer Personal Gmail Account Users」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.