SaaS 環境向け Workspace ONE UEM 1903 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、SaaS 環境での Workspace ONE UEM 1903 リリースのお知らせです。SaaS 環境は順次、Workspace ONE UEM 1903 にアップグレードされます。ご利用の環境のアップグレード予定については、My Workspace ONEMy Company ページでご確認ください。 

オンプレミス環境向けの Workspace ONE UEM 1903 は今後、数週間でリリースされる予定です。利用可能になり次第、別の記事としてお知らせします。 

新機能

  • スマート グループ作成時に使用できる便利なカテゴリが 2 つ新たに加わりました。[管理タイプ] と [加入カテゴリ] です。
  • ヘッダー メニューに追加された新しいアイコンを使って、すべての Workspace ONE サービスを切り替えることができます。
  • 仮想アプリケーションのコレクションを統合することにより Workspace ONE UEM 内から Horizon、Citrix、または Thin App リソースを管理できるようになりました。
  • 任意の Linux バージョンやビルドを搭載したデバイスを Workspace ONE UEM 展開に加入することができます。
  • Android 向けの更新画面でインストール方法、展開の開始日時および終了日時、サーバのタイムゾーン、ネットワークなどのオプションを設定して、Samsung Enterprise Firmware Over the Air (E-FOTA) 向けの更新をカスタマイズできます。
  • Tunnel 設定の展開と管理を簡素化するため、新しい構成画面を導入しました。

さらに詳しい情報は、VMware Docs の「Workspace ONE UEM 1903 Release Notes」(Workspace ONE UEM 1903 リリース ノート) を参照してください。 

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing Workspace ONE UEM 1903 for SaaS」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.