VMware Workspace ONE SDK 19.2.1 for iOS (Swift) リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、VMware Workspace ONE SDK 19.2.1 for iOS (Swift) の一般公開のお知らせです。

 

最新バージョンの新機能

  • ISDK-172674:スタンドアローンの新規プライバシー関連画面を追加。アプリ開発者はエンドユーザーに対してプライバシー画面を簡単に表示することができ、利用状況分析のためのデータ収集について同意を得ることが容易になります。
  • ISDK-169476:侵害検出ルールの動的な更新に対応。これにより、ネットワーク経由で SDK の侵害検出アルゴリズムを更新することができます。

 

最新バージョンでのバグ修正

  • ISDK-172840:[単純な値を許可] パスコード ポリシーの挙動が Workspace ONE SDK for iOS (Swift) と Workspace One SDK for iOS (Objective-C) とで異なる問題を修正。この違いにより、同じデバイス上において、Swift SDK で開発されたアプリの使用時と Objective-C SDK で開発されたアプリの使用時とで不整合が生じていました。 

 

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、VMware Workspace ONE SDK 19.2.1 for iOS (Swift) をダウンロードしてください。 

最小要件

  • iOS 9+
  • Workspace ONE UEM (AirWatch コンソール) 9.2+ (一部の機能ではより新しいコンソール バージョンが必要です)
  • Xcode 10 および 10.1

 

VMware Workspace ONE SDK 19.2.1 for iOS (Swift) のダウンロード手順

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware Workspace ONE SDK 19.2.1 for iOS (Swift)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.