HUBM-603:UEM 1902 へのアップグレード後に「復旧キーがありません」と表示される

管理番号

HUBM-603 

 

現象 

Workspace ONE UEM を 1902 にアップグレードすると、FileVault で暗号化されたデバイスにおいて、Intelligent Hub 4.0 によりパスワード入力を求める画面が表示されます。このパスワードは、FileVault 復旧キーのローテーションとコンソールへのエスクローに使用されます。 

 

問題の概要

Workspace ONE UEM 1902 へのアップグレード前に Hub 4.0 を使用してデバイスを暗号化し、復旧キーを Workspace ONE UEM に保存していると、アップグレード後にそのパスワード入力を求める画面が表示されます。正しいパスワードを入力して [続行] をクリックすると、キーがローテーションされてエスクローされます。 

 

1902 へのアップグレード後の対処方法

  1. Workspace ONE UEM サーバのアップグレード前に暗号化したデバイスにおいて、1902 へのアップグレード後に Hub 4.0 を実行すると「復旧キーがありません」と表示されて復旧キーをローテーションするように求められます。
    3.png
  2. [ログイン パスワードを入力] をクリックし、正しいパスワードを入力して [続行] をクリックします。
    4.png
  3. 復旧キーが正常にエスクローされたことが、Hub に表示されます。
    5.png
  4. 手動で (fdesetup を使用して) キーのローテーションを行わない限り、それ以降、Hub でこのプロンプトが表示されることはありません。

注:プロンプトが表示されている場合は、正しいパスワードを入力してキーをローテーションしてください。

 

修正バージョン

解決に向けて現在、弊社製品チームがこの問題に取り組んでいます。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「HUBM-603: Hub prompts for Missing Recovery Key once after upgrading to Console 1902」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.