Workspace ONE AirLift 1.1 セキュリティ更新のお知らせ

概要 

VMware Workspace ONE AirLift バージョン 1.1 において、重要な情報が開示されるという問題が発生しています。これにより、ユーザー資格情報が、Windows システム ログにアクセス可能な他のローカル ユーザーにさらされるという現象が発生します。この現象はデバイス自体では発生せず、AirLift 1.1 がインストールされているシステムでのみ発生します。この問題を解決するために、VMware Workspace ONE チームは AirLift バージョン 1.1.1 をリリースしました。すべてのお客様は、できるだけ早くこのバージョンへ更新していただくことを推奨します。  

 

お客様へのお願い 

このセキュリティ脆弱性は、現在 My Workspace ONE ポータルにリリースされている AirLift バージョン 1.1.1 で完全に修正されています。VMware Workspace ONE チームは、すべてのお客様に対し、この問題を解決するための対応措置として次の手順を推奨します。

  1. Windows サービス アプレットを使用して VMware AirLift サービスを停止します。
  2. AirLift をインストールした日付から現在の日付までの Windows システム イベント ログを削除します。
  3. SCCM (System Center Configuration Manager) アカウントのパスワードをリセットすることをお勧めします。
  4. システムをセキュアに保つために、AirLift バージョン 1.1.1 をダウンロード (ここから入手) してアップグレードを実施します。その後、更新した SCCM (System Center Configuration Manager) パスワードを [Settings] タブに入力します。このアップグレードによる運用上の影響はありません。 

 

お問い合わせ 

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。 

 

敬具 

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Workspace ONE AirLift 1.1 Security Update Notification」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.