VMware Workspace ONE Intelligent Hub for macOS での macOS 10.12 Sierra 未満の OS バージョン サポートの終了

概要

VMware は、VMware Workspace ONE Intelligent Hub (以前の AirWatch Agent) for macOS の次回リリースで、macOS 10.12 Sierra 未満の OS バージョンのサポートを終了いたします。macOS 10.12 以降のバージョンはすべて、引き続きサポートの対象です。サポート対象バージョンの詳細は、Intelligent Hub の該当バージョンのリリース アナウンスを参照してください。

 

お客様へのお願い

Intelligent Hub for macOS の次回リリースで提供される機能の利用をご希望のお客様は、デバイスの OS を macOS 10.12 Sierra 以降にアップデートしていただく必要があります。すべてのデバイスで macOS 10.13 High Sierra 以降を利用することを推奨します。

現在 macOS 10.11 El Capitan が搭載されているデバイスでは、これまでどおり Intelligent Hub 4.0.0 を使用できます。また、現在 macOS 10.11 未満の OS が搭載されているデバイスでは、これまでどおり Intelligent Hub 3.1.1 を使用できます。

注:以前のバージョンの Intelligent Hub にはパッチやアップデートが提供されません。デバイスを最新の Intelligent Hub のサポート対象 OS バージョンにアップグレードするまでの暫定的な対策としてご利用ください。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「VMware Workspace ONE Intelligent Hub for macOS to end support for OS versions below macOS 10.12 Sierra」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.