AirWatch Launcher 4.2 でのカスタム プロファイルのサポート

管理者は AirWatch Launcher のカスタム プロファイルを使用することにより、まだ Workspace ONE UEM コンソールが対応していない高度な MDM 機能や設定を Android デバイスにプッシュすることができます。この記事で説明する機能は AirWatch Launcher 4.2 で利用可能です。

 

カスタム プロファイルの使用

[カスタム設定] ペイロードを使用することで、管理者は独自の XML をプロファイルに追加し、そのプロファイルをデバイスに適用することができます。以下の手順に従って、この記事に記載された XML コードを使用してください。

  1. 目的にあわせて [全般] ペイロードと展開オプションを構成します。
  2. [カスタム設定] ペイロードに進み、[構成] をクリックします。
  3. 下記の XML コードの中から関連するものを探し、[カスタム設定] テキスト ボックスに追加します。
    • この XML コードは、例示されているように <characteristic> から </characteristic> までのコード ブロック全体を含んでいる必要があります。
    • 管理者は必要に応じて、それぞれの設定値を True から False に変更してください。
    • 証明書が必要な場合は、同じプロファイル内で証明書ペイロードを構成し、[カスタム設定] ペイロードでその証明書ペイロードの PayloadUUID を参照してください。
  4. [保存して公開] をクリックします。

プロファイル タイプに応じた適切な characteristic type を使用していることを確認してください。

  • Android プロファイルには、characteristic type="com.airwatch.android.androidwork.launcher" を使用します。
  • Android (Legacy) プロファイルには、characteristic type="com.airwatch.android.kiosk.settings" を使用します。

 

Android タブレット デバイス用のオーバーレイの設定:

このオーバーレイは、Android タブレット デバイスのユーザー向けに、特定の設定画面のホワイトリスト指定と組み合わせて使用します。このオーバーレイにより、ユーザーから隠したい設定画面にユーザーがアクセスできないようにすることができます。

<characteristic type="com.airwatch.android.kiosk.settings" uuid="568bc89d-1df8-4ce9-a041-e5a24acdb7ec">
<parm name="TabletOverlaySettings"
value="{
&quot;activityNames&quot;:
&quot;com.android.settings.Settings$lockAndsecuritySettingsActivity,com.sonyericsson.setupwizard,com.honeywell.systemtools.autoinstall&quot;,
&quot;potraitPercentage&quot;: &quot;60&quot;,
&quot;transparency&quot;:&quot;100&quot;,
&quot;landscapePercentage&quot;: &quot;50&quot;}"/>
</characteristic>

上記のカスタム設定では複数のパラメータを指定できます。

  1. アクティビティ名 (activityNames):このパラメータを指定すると、指定したアクティビティから設定画面にアクセスしたときだけ、オーバーレイが表示されます。
  2. 縦向き時の比率 (potraitPercentage):このパラメータでは、デバイスが縦向きのときのオーバーレイの比率を指定します。
  3. 透明度 (transparency):このパラメータでは、オーバーレイの透明度をパーセントで指定します。
  4. 横向き時の比率 (landscapePercentage):このパラメータでは、デバイスが横向きのときのオーバーレイの比率を指定します。

 

プロファイル更新時の Launcher レイアウトの強制リセット:

ユーザーは AirWatch Launcher 上でフォルダやアプリを自由に移動することができます (許可されている場合)。通常、このようなユーザーによる変更は、プロファイルや Launcher が更新されても保持されます。次のカスタム XML を使用すると、ユーザーによる変更を無効にして元のレイアウトに戻すことができます。

<characteristic type="com.airwatch.android.kiosk.settings" uuid="568bc89d-1df8-4ce9-a041-e5a24acdb7ec">
<parm name="AllowProfileReset" value="True"/>
</characteristic>

 

 

再起動後のデフォルトのホーム アプリへの設定:

現在、ユーザーが管理者パスワードを使用して Launcher を終了し、デバイスを再起動した場合、AirWatch Launcher はデフォルトのホーム アプリ (ランチャー) に設定されません。AirWatch Launcher をデフォルトのホーム アプリに設定するには、デバイスにプロファイルをプッシュし直す必要があります。
Workspace ONE UEM の管理者が AirWatch Launcher を終了して必要な作業を行い、その後再び AirWatch Launcher を起動するのを忘れた場合でも、この設定を使用していれば AirWatch Launcher がホーム アプリとして起動します。ただし、この機能は特定の Android デバイス (Honeywell、Zebra、Samsung) でのみ利用できます。

デバイスの起動後、少し時間をおいてから Launcher を起動させる場合には、以下の XML に示すように、その時間を秒単位で指定できます。

<characteristic type="com.airwatch.android.kiosk.settings" uuid="568bc89d-1df8-4ce9-a041-e5a24acdb7ec">
<parm name="AllowLaunchOnReboot" value="5"/>
</characteristic>

 

 

追加情報

AirWatch Launcher の以前のバージョンでのカスタム プロファイルのサポートについての詳細は、次の記事を参照してください。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Custom Profile Support in AirWatch Launcher 4.2」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.