Android Workspace ONE Intelligent Hub バージョン 9.1.0.2 から 9.0.1 へのアップグレードに伴う問題

概要 

先週、それまでの Workspace ONE Intelligent Hub バージョン 9.0.0.390 に代わり、まだリリース予定のなかったバージョン 9.1.0.2 が誤って Google Play ストアに一般公開され、約 41 分間ダウンロード可能になっていました。VMware Workspace ONE チームは、以前の Intelligent Hub バージョン (9.0.0.390) のコード ベースに戻すため、何も変更を加えていないビルドをバージョン 9.0.0.391 として作成し、Google Play ストアに公開し直しました。 

その後、VMware Workspace ONE チームは正式なリリースとして Intelligent Hub バージョン 9.0.1 を Google Play ストアに公開しました。しかし、いったんバージョン 9.1.0.2 に更新した後、9.0.1 にアップグレードしたユーザーのデバイスでは、次に示す事象が発生する可能性があることが判明しています。 

すべての加入タイプ: 

  • Intelligent Hub のスプラッシュ画面でアプリが応答しなくなります ([設定] > [デバイスとユーザー] > [Android] > [セキュリティ] > [ユーザー入力によるキーの暗号化] を有効にしている場合)。 
    Picture1.png
  • デバイスが加入済みの場合でも、Intelligent Hub により加入時の認証情報入力を求める画面が表示されます ([ユーザー入力によるキーの暗号化] を無効にしている場合)。
    Picture1.png

デバイス管理者機能による Legacy 加入:

  • アップグレード後、Intelligent Hub のデバイス管理アプリとしての許可が取り消されます。

Knox コンテナでの Legacy 加入:

  • Knox コンテナが削除されます。

アプリのアップグレード前に Workspace ONE 経由で適用した管理ポリシーは、上記の事象が発生した場合でも引き続きデバイス上で有効です。ただし、新たにポリシーを適用することはできなくなります。

 

お客様への影響

VMware Workspace ONE チームは今週、この問題を解決するための、Intelligent Hub の新しいバージョンをリリースする予定です。解決のための操作は、加入タイプにより異なります。 

  • Android Enterprise:ユーザーは Intelligent Hub を新しいバージョンにアップグレードする必要があります。それ以外の操作は必要ありません。
  • デバイス管理者機能による Legacy 加入:Intelligent Hub のアップグレード後、Intelligent Hub をデバイス管理アプリにする許可を求めるメッセージが表示されます。ユーザーは管理アプリを有効にする必要があります。

Knox コンテナでの Legacy 加入では、ユーザーはデバイスを加入し直す必要があります。現在のバージョン 9.0.1 を使用して加入し直すこともできます。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Issues with Android Workspace ONE Intelligent Hub Upgrade from Version 9.1.0.2 to 9.0.1」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.