iOS の Manual Profile Installation (手動のプロファイル インストール) 機能について

概要

Apple 社は先日、iOS 12.1.1 の最初のベータ版をリリースしました。このベータ版で発表された変更のひとつに、「Manual profile installation」(手動のプロファイル インストール) と呼ばれるプロファイル インストールの新しい機能があります。これにより、加入時、MDM プロファイル (構成プロファイル) をインストールするために Safari から iOS の設定画面に自動でリダイレクトされることはなくなります。ユーザーは 1 つ以上の MDM プロファイルをダウンロードし、手動でシステム設定画面に移動してこれらをインストールできるようになります。

この操作は Safari からの加入 (Web 加入) やクライアント アプリ (Workspace ONE Intelligent Hub または Workspace ONE アプリ) からの加入で行います。DEP により MDM プロファイルを取得するデバイスや他の構成プロファイル (パスコード、制限、Wi-Fi など) のインストールには、上記の変更による影響はありません。 

この変更は iOS プラットフォームによるもので、Workspace ONE プラットフォームによるものではありません。以下に画面の例を示します。なお、この変更は iOS 12.1.1 の一般公開リリースまでに削除される予定であること、今後の iOS 12 リリース バージョンに含まれる可能性があることがベータ版のリリース ノートに明示されている点に注意してください。 

VMware では Apple OS プラットフォームのベータ版機能に対するサポートを提供していません。一方で、弊社製品チームは Apple 社と協力し、フィードバックの提供やこの変更に伴い必要となる弊社アプリ/サービスの更新に取り組んでいます。

詳細な情報が得られ次第、このナレッジベース記事を更新してお知らせします。この記事の受信登録 (SUBSCRIBE) を行い、最新情報を入手できるようにしてください。 

(現時点で iOS 12.1.1 は一般公開されています。)

 

Image_1.png Image_2.png

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「iOS Manual Profile Installation Update」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.