VMware Unified Access Gateway 3.4 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、VMware Unified Access Gateway 3.4 の一般公開のお知らせです。 

最新バージョンの新機能

  • UAG-2646:UAG で新たに高可用性を提供。UAG クラスタを構成することにより、UAG において高可用性ソリューションを利用できます。 
  • UAG-3122:必要な UAG の機能に応じて Standard、Advanced、Enterprise エディションを提供。 
  • UAG-3445:二重構成の DMZ でのカスケード モードに対応。
  • DPM-2152:Horizon Administrator に UAG 情報を統合。
  • UAG-3474:管理ユーザー インターフェイスにセッション/ユーザー ステータスを表示。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、VMware Unified Access Gateway 3.4 をダウンロードしてください。これらの新機能や機能強化のメリットを取り入れるためにも、Unified Access Gateway を最新バージョンにアップグレードしてください。詳細は、こちらのオンライン ヘルプ ページを参照してください。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing Unified Access Gateway 3.4」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.