VMware Workspace ONE Intelligent Hub 6.0 for iOS リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、VMware Workspace ONE Intelligent Hub 6.0 for iOS の一般公開のお知らせです。AirWatch Agent for iOS は VMware Workspace ONE Intelligent Hub for iOS という名前に変わりました。

 

最新バージョンの新機能

  • 新しいユーザー エクスペリエンスとアイコン。
  • モバイル デバイス管理 (MDM) とモバイル アプリケーション管理 (MAM) の機能を拡張。
  • アプリ内カタログに加え、ユーザー、[ホーム] タブ、通知などのオプション サービスを追加。
  • 組織図や同僚の情報への素早いアクセスが可能に。
  • どこからでも会社のリソースを利用可能に。
  • 新しいアプリの通知やカスタム通知 (重要なお知らせ、アンケートなど) を取得することが可能に。

 

最新バージョンでの既知の問題

  • HUBI-1562:Intelligent Hub を使用して加入解除した後で加入し直すと、アプリのスプラッシュ画面に誤ったエラー メッセージが表示される。
  • HUBI-1440:デバイスに送信された通知が、iOS の通知バーでクリックするまで [メッセージ] セクションに表示されない。
  • HUBI-1569:ベーシック ユーザーの場合、アバターに表示される省略名が [アカウント] 画面と Hub サービス画面とで異なる。
  • HUBI-1437:代理セットアップ ユーザーで加入した後の初回起動時に Hub カタログが正しくロードされないことがある。
  • HUBI-1259:バイオメトリック モードを有効にしている状態で認証タイプを [ユーザー名とパスワード] に変更すると、SSO を有効にしていても SDK 対応アプリにログインした後に Intelligent Hub で認証プロンプトが表示される。
  • HUBI-1591:Hub のサーバ URL にポート番号が含まれていると加入できない。

 

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、Workspace ONE Intelligent Hub 6.0 for iOS をダウンロードしてください。 

最小要件

  • iOS 9+
  • Workspace ONE UEM (AirWatch コンソール) 9.2+

Workspace ONE Intelligent Hub 6.0 for iOS のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合:プロンプトが表示されたらアプリを更新するよう、エンドユーザーに指示してください。アプリが既存のバージョンから新しいバージョンへシームレスに更新されます。企業にとって重要なデバイス機能に影響を与えることはありません。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合:Apple App Store からダウンロードするよう、エンドユーザーに指示してください。

1 つの URL から全プラットフォーム向けの Intelligent Hub ダウンロード ページに直接アクセスできるようにするには、GetWSONE.com を使用してください。URL 変更の詳細は、こちらを参照してください。 

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing Workspace ONE Intelligent Hub 6.0 for iOS」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

3 Comments

Article is closed for comments.