Workspace ONE UEM Console 9.7 アップグレード インストーラの前提条件

前提条件の詳細 

Workspace ONE UEM Console 9.7 で VPP フレームワークに加えられた若干の変更により、オンプレミス環境をバージョン 9.7 にアップグレードする際に Apple の API エンドポイントへの接続が必要になりました。具体的には、インストーラからポート 443 経由で次の URL への接続が試みられます。このエンドポイントは、VPP 機能を Apple 提供のサービスと適切に統合するために必要なエンドポイントと同じです。  

https://vpp.itunes.apple.com/WebObjects/MZFinance.woa/wa/VPPClientConfigSrv 

また、Workspace ONE UEM データベースのアップグレード インストーラを実行するサーバが、Apple 提供のサービスにアクセスするための、以下のネットワーク要件を満たしていることも確認してください。この要件は、サーバからの接続に送信プロキシを使用している場合にも当てはまります。 

注:この前提条件は、VPP を使用している場合にのみ満たす必要があります。

接続先コンポーネント プロトコル ポート

gateway.push.apple.com 

(17.0.0.0/8)

TCP

2195

Apple iOS/macOS のみ

feedback.push.apple.com 

(17.0.0.0/8)

TCP

2196

Apple iOS/macOS のみ

Apple iTunes

itunes.apple.com

*.mzstatic.com

*.phobos.apple.com

*.phobos.apple.com.edgesuite.net

HTTP

80

Apple iOS/macOS のみ

必要に応じて、「On-premises Architecture Network Requirements」(オンプレミス アーキテクチャのネットワーク要件) を参照してください。

 

エラー情報 

サーバから適切な接続先にアクセスできない状態で Workspace ONE データベースのアップグレード インストーラを実行すると、データベースのアップグレード中に次のエラーが発生します。 

「MigrationTasksRunner.exe failed to run correctly.Please check the log for errors and run it manually after the installation completes by running MigrationTaskRunner.exe at <filepath>.Log files is located at <filepath>/MigrationTasksRunner」
(MigrationTasksRunner.exe を正常に実行できませんでした。ログでエラーを確認し、インストール完了後に手動で <ファイル パス> の MigrationTaskRunner.exe を実行してください。ログ ファイルは <ファイル パス>/MigrationTasksRunner にあります)

 

ログには次のエラーが出力されます。 

「Error while running VppAccountCountryCodeUpdateTask task」
(VppAccountCountryCodeUpdateTask タスク実行中にエラー)

Picture1.png

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Workspace ONE UEM Console 9.7 Upgrade Installer Pre-Requisite」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.