AirWatch Launcher 4.1 でのカスタム プロファイルのサポート

管理者は AirWatch Launcher のカスタム プロファイルを使用することにより、まだ Workspace ONE UEM コンソールが対応していない高度な MDM 機能や設定を Android デバイスにプッシュすることができます。この記事で説明する機能は AirWatch Launcher 4.1 で利用可能です。

 

カスタム プロファイルの使用

[カスタム設定] ペイロードを使用することで、管理者は独自の XML をプロファイルに追加し、そのプロファイルをデバイスに適用することができます。以下の手順に従って、この記事に記載された XML コードを使用してください。

1. 目的に合わせて [全般] ペイロードと展開オプションを構成します。

2. [カスタム設定] ペイロードに進み、[構成] をクリックします。

3. 下記の XML コードの中から関連するものを探し、[カスタム設定] テキスト ボックスに追加します。 

  • この XML コードは、例示されているように <characteristic> から </characteristic> までのコード ブロック全体を含んでいる必要があります。
  • 管理者は必要に応じて、それぞれの設定値を True から False に変更してください。 
  • 証明書が必要な場合は、同じプロファイル内で証明書ペイロードを構成し、[カスタム設定] ペイロードでその証明書ペイロードの PayloadUUID を参照してください。

4. [保存して公開] を選択します。 

プロファイル タイプに応じた適切な characteristic type を使用していることを確認してください。

  • Android プロファイルには、characteristic type="com.airwatch.android.androidwork.launcher" を使用します。
  • Android (Legacy) プロファイルには、characteristic type="com.airwatch.android.kiosk.settings" を使用します。

 

代理セットアップでの設定の許可 (AllowStagingSettings)

AirWatch Launcher の代理セットアップ画面では Wi-Fi のオン/オフを切り替えるオプションのみが利用可能です。しかし、Wi-Fi アイコンを長押しすることでネイティブの Wi-Fi 設定画面が表示されるようにして、ユーザーが Wi-Fi を構成できるようにすることも可能です。
代理セットアップ画面から Wi-Fi 設定画面を表示できるようにするには、代理加入ユーザー (メイン OG) に対して次のカスタム XML をプッシュする必要があります。

これは、次のフラグを使用して構成できます。

カスタム XML:

<characteristic type="com.airwatch.android.kiosk.settings" uuid="568bc89d-1df8-4ce9-a041-e5a24acdb7ec">
<parm name="AllowStagingSettings" value="True"/>
</characteristic>

 

追加情報

AirWatch Launcher の以前のバージョンでのカスタム プロファイルのサポートについての詳細は、次の記事を参照してください。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Custom Profile Support in AirWatch Launcher 4.1」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.