Android Legacy 加入デバイスのネイティブ Wi-Fi プロキシ構成における変更

概要

Android 8.0 (Android O) では、Android Legacy (デバイス管理者) モードのデバイスにおいて EMM から ネイティブの Wi-Fi プロキシを設定することができなくなりました。Samsung 製と Zebra 製を除き、Android 8.0+ 搭載の Android Legacy デバイスでの Wi-Fi プロファイルによる Wi-Fi プロキシ設定はサポートされていません。 

この問題は、Android Enterprise の仕事用管理対象 (Work Managed) で加入しているデバイスでは発生しません。

 

お客様への影響

Android Legacy (デバイス管理者) モードで管理されている Android 8.0+ デバイスに対して Wi-Fi プロキシを構成する場合、Samsung 製および Zebra 製のデバイスにおいてのみ、次の方法でその設定を有効にすることができます。

 

Samsung 製 Android 8.0+ デバイス (Android Legacy) の場合:

これまで同様、Wi-Fi プロファイルを使用して Wi-Fi プロキシを設定してください。 

Zebra 製 Android 8.0+ デバイス (Android Legacy) の場合:

StageNow を使用して Wi-Fi プロキシ設定を含むカスタム MX XML を作成してください。この XML をデバイスにインストールするには、コンソールの [代理加入セットアップとプロビジョニング] > [コンポーネント] > [ファイル/アクション] で [カスタム設定を適用] アクションを使用します。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Changes to native Wi-Fi Proxy configuration for Android Legacy enrolled devices」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.