AirWatch Launcher 4.1 for Android リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、AirWatch Launcher 4.1 for Android の一般公開のお知らせです。

 

最新バージョンの新機能

  • ALAU-170177:COSU (企業所有の特定業務専用) デバイスのチェックイン/チェックアウトでのデータ使用量アクセスのスキップをサポート。
  • ALAU-170065:Chrome の [ホーム画面に追加] で追加された Web クリップをサポート。
  • ALAU-170111:マルチユーザー代理セットアップのログイン画面に SSID 設定オプションを追加。
  • ALAU-170143:通知数を表示するバッジをフローティング ホーム ボタンに追加。

最新バージョンでのバグ修正

  • ALAU-169727:Motorola LEX L10ig デバイスにおいて、AirWatch Launcher をデフォルトのホーム アプリに設定しようとすると Launcher が終了する問題を修正。
  • ALAU-169726:Android 4.4 デバイスで AirWatch Launcher 3.0 がクラッシュする問題を修正。
  • ALAU-169712:LG G2 デバイスで AirWatch Launcher がクラッシュする問題を修正。
  • ALAU-170172:Samsung DeX モードで AirWatch Launcher が正常に終了しない問題を修正。
  • ALAU-169902:Huawei Holly2 デバイスにおいて、AirWatch Launcher をデフォルトのホーム アプリに設定する際にユーザーが何度も [常時] を選択しなければならない問題を修正。
  • ALAU-169887:Lenovo TB3-850M デバイスにおいて、AirWatch Launcher にアプリ名が明瞭に表示されない問題を修正。
  • ALAU-169862:チェックアウト時、ホーム ボタンを押すまでデバイスにプロファイルがインストールされない問題を修正。
  • ALAU-169709:チェックアウト ユーザーに利用規約を表示するように構成していると、チェックアウト処理がタイムアウトする問題を修正。
  • ALAU-169780:AirWatch Launcher でパッケージ マネージャのクラッシュが正しく処理されず、それ自体がクラッシュする問題を修正。
  • ALAU-169997:デバイスの向きを変更すると通知数を表示しているバッジが表示されなくなる問題を修正。
  • ALAU-169970:Lenovo TB3-730X デバイスにおいて、AirWatch Launcher のテンプレート モードでアプリ アイコンが表示されない問題を修正。
  • ALAU-169971:Launcher 設定のオプションをタップすると AirWatch Launcher がクラッシュする問題を修正。
  • ALAU-169979:企業情報リセットを実行すると AirWatch Launcher をデフォルトのホーム アプリに設定できなくなる問題を修正。
  • ALAU-170197:デバイスを再起動すると通知バーが操作できなくなる問題を修正。
  • ALAU-170190:Samsung Galaxy デバイスの特定の 3 モデルでのみ、制限されているデバイス設定に AirWatch Launcher からアクセスできる場合がある問題を修正。
  • ALAU-170146:Android 8.0 デバイスにおいて、再起動後にフローティング ホーム ボタンが表示されなくなる問題を修正。
  • ALAU-170050:ホワイトリスト プロファイルを送信しても、ホワイトリストに含まれていないアプリのアイコンが AirWatch Launcher から削除されない問題を修正。
  • ALAU-170125:Agent SDK サービスのエラーによりログアウトに失敗することがある問題を修正。
  • ALAU-169943:PENTA K706 デバイスにおいて、AirWatch Launcher にアプリ名が明瞭に表示されない問題を修正。
  • ALAU-170090:言語が英語以外の場合、デバイス詳細ウィジェットの日付が正しい書式で表示されない問題を修正。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、AirWatch Launcher 4.1 for Android をダウンロードしてください。 

最小要件

  • Android 4.0+
  • Workspace ONE UEM Console 9.4+
  • AirWatch Agent 8.1+ for Android

AirWatch Launcher 4.1 for Android のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合:UEM コンソールで AirWatch Launcher がシード アプリとして利用可能になっていれば、管理者が望むタイミングでアプリをプッシュすることができます。
    • デバイスがアプリのサイレント インストールに対応している場合は、Launcher アプリが既存のバージョンから新しいバージョンへシームレスに更新されます。企業にとって重要なデバイス機能に影響を与えることはありません。アプリのサイレント インストールに対応していないデバイスでは、ユーザーに新しいバージョンをインストールするように求めるメッセージが表示されます。
    • OS バージョンが Android 6.0 以降の場合は、Launcher からデータ使用量へのアクセス許可を求めるプロンプトが表示されます (まだアクセスを許可していない場合)。
    • Android 5.0 では、管理者がユーザーの許可を要求するプロファイルをプッシュしている場合にのみ、Launcher からデータ使用量へのアクセス許可を求めるプロンプトが表示されます (詳細は以前の技術情報記事を参照)。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合:管理者が AirWatch Launcher をデバイスにプッシュすれば、Launcher はシード アプリとしてデバイスにダウンロードされます。
    • Samsung SAFE デバイスでは、Launcher は自動的にセットアップされ、ネイティブのホーム アプリ (ランチャー) は AirWatch Launcher に置き換わります。エンドユーザー側での操作は必要ありません。Samsung SAFE 以外のデバイスでは、エンドユーザーは 2 段階のステップを経て、AirWatch Launcher をデフォルトのホーム アプリ (ランチャー) として設定する必要があります。
    • OS バージョンが Android 6.0 以降の場合は、Launcher からデータ使用量へのアクセス許可を求めるプロンプトが表示されます (まだアクセスを許可していない場合)。
    • Android 5.0 では、管理者がユーザーの許可を要求するプロファイルをプッシュしている場合にのみ、Launcher からデータ使用量へのアクセス許可を求めるプロンプトが表示されます (詳細は以前の技術情報記事を参照)。

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing AirWatch Launcher 4.1 for Android」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.