VMware AirWatch Agent 2.0 for RealWear HMT-1 Smart Glasses リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、AirWatch Agent 2.0 for RealWear HMT-1 Smart Glasses の一般公開のお知らせです。

最新バージョンでのバグ修正

  • AAGNT-180649:RealWear HMT-1 から TLS ベースの Wi-Fi ネットワークに接続できない問題を修正。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、AirWatch Agent 2.0 for RealWear HMT-1 Smart Glasses をダウンロードしてください。

最小要件

  • Workspace ONE UEM Console (AirWatch コンソール) 9.1+
  • ADB (Android Debug Bridge) を実行する PC または Mac
  • RealWear HMT-1 ファームウェア バージョン HMT-1.G.0-6.0.1-07.05-C+

AirWatch Agent 2.0 for RealWear HMT-1 Smart Glasses のダウンロード手順

  • このお知らせの時点では、Vuzix、Google、RealWear の各メーカー製のスマート グラスでの証明書ベースの Wi-Fi がサポートされています。 Agent Package はメーカーごとに異なり、それぞれ Resource ポータルからダウンロードできます。
  • Agent Package の使用方法およびスマート グラスの加入方法に関する詳細は、『VMware AirWatch Integration with Smart Glasses』(VMware AirWatch のスマート グラスとの統合) を参照してください。
  • RealWear HMT-1 用の APF はこちらからダウンロードできます。

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware AirWatch Agent 2.0 for RealWear HMT-1 Smart Glasses」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

  • 0
    Avatar
    K. Izumi
    記事を更新しました - 2018-09-27 07:48 UTC
Article is closed for comments.