SaaS 環境向け Workspace ONE UEM Console 9.7 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、SaaS 環境での Workspace ONE UEM Console 9.7 リリースのお知らせです。SaaS 環境は順次、Workspace ONE UEM Console 9.7 にアップグレードされます。ご利用の環境のアップグレード予定については、My Workspace ONEMy Company ページでご確認ください。 

オンプレミス環境向けの Workspace ONE UEM Console 9.7 は今後、数週間でリリースされる予定です。利用可能になり次第、別の記事としてお知らせします。 

新機能

  • CMSVC-7115:管理者は、現在チェックアウトされているデバイスに対してリモートでチェックインを実行できるようになりました。デバイスは割り当てられた代理加入ユーザーに自動的に返却されます。
  • CMSVC-7045:スマート グループの作成時、管理者は特定のユーザー グループを除外できるようになりました。指定されたユーザー グループのユーザーは割り当ての対象から除外されます。
  • AAPP-5671:iOS デバイスにデバイス ワイプを実行した場合でも、管理者はデータ プランとプロキシミティ セットアップ画面のスキップ設定を保持することができるようになりました。
  • AAPP-5543:管理者は、iOS 12 で MDM 構成に新たに追加された、E メールと Exchange アカウントでの S/MIME カスタム設定に関する変更のすべてを構成できるようになりました。
  • AAPP-5620:管理者は、CarPlay での通知や重大なアラートなど、iOS 12 で MDM 構成に新たに追加された通知に関する変更のすべてを構成できるようになりました。
  • AAPP-5621:管理者は、ユーザーによるパスコード共有の許可やデバイスの日付/時刻設定の許可など、iOS 12 で MDM 構成に新たに追加された制限設定のすべてを構成できるようになりました。
  • AAPP-5624:管理者は、iOS 12 デバイスおよび macOS 10.14 デバイスのネイティブ E メールで Exchange アカウントに先進認証の使用を強制することができるようになりました。
  • RUGG-4270:新しいイベント アクション機能を使用して Android デバイスと Windows NFS サーバ間でのファイルのアップロード/ダウンロードを自動的に実行することが可能になりました。
  • AMST-6288:管理者は、デバイスのキッティングなどに使用するために、Workspace ONE UEM コンソールから 1 つ以上のアプリを単一の PPKG ファイルにエクスポートできるようになりました。
  • FCA-186646:管理者は、最終接続時間の日数 (最終検出時からの日数) を指定してデバイス リスト表示にフィルタを適用できるようになりました。

さらに詳しい情報は、VMware Docs の「Workspace ONE UEM 9.7 Release Notes」(Workspace ONE UEM 9.7 リリース ノート) を参照してください。 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing Workspace ONE UEM Console 9.7 for SaaS」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.