旧 Remote Management の Java Runtime Environment (JRE) に関する変更

概要

Workspace ONE UEM Console の今後のバージョンでは、Console インストーラに Java Runtime Environment (JRE) が同梱されなくなります。インストーラに JRE が同梱されないため、場合によって管理者は Workspace ONE UEM コンソールへのアクセスに使用するコンピュータに手動で JRE をインストールする必要が生じます。旧 Remote Management では製品自体が Java アプレットに依存しているため、これまでどおり要件として JRE Standard Edition (SE) 8 および Java アップレットを実行可能なブラウザが必要となります。JRE がインストールされていなければ、Java アプレットを利用することができず、旧 Remote Management は機能しません。

 

お客様にとってのメリット

JRE がインストール済みで、すでに旧 Remote Management をご利用いただいている場合は、この変更による影響はありません。

Windows PC から Workspace ONE UEM コンソールにアクセスする場合、次のようなケースでは、その PC に JRE SE 8 をインストールする必要があります。

  • 新規の管理者が旧 Remote Management を初めて使用する場合
  • 既存の管理者が、それまで旧 Remote Management のアクセスに使用したことがない PC からアクセスする場合

Windows Mobile デバイスおよび Android デバイス向けの旧 Remote Management は 2018 年 1 月 12 日で提供を終了いたしました (詳細はこちら)。さらに、Windows Mobile および Android については 2019 年 3 月 1 日をもって、Windows PC デバイスについては 2019 年 7 月 17 日をもって、ジェネラル サポートを終了いたします。

ただし、macOS は引き続き、旧 Remote Management でのサポート対象プラットフォームです。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Changes to Legacy Remote Management Java Runtime Environment (JRE)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.