Workspace ONE Intelligent Hub 近日公開のお知らせ

Workspace ONE Intelligent Hub は、一元化されたユーザー エクスペリエンスでお客様の従業員と組織をつなぐ、次世代のデバイス管理クライアント アプリです。また、Workspace ONE UEM をご利用のお客様にとっては、新たなエンドユーザー向けサービスを有効にすることで、簡単にデジタル ワークスペースに向けての第一歩を踏み出すことが可能になります。

Workspace ONE Intelligent Hub の一般公開は 2018 年 10 月を予定しています (日付は変更される可能性があります)。 

 

Workspace ONE Intelligent Hub の概要 

Workspace ONE Intelligent Hub は、拡張機能が追加された、AirWatch Agent のアップデートです。以下のセクションでは、お客様にご留意いただきたい点について説明します。

AirWatch Agent は Intelligent Hub に変わります

すべての AirWatch Agent アプリ (iOS、Android、macOS、Windows) の名前は「Intelligent Hub」に変わります。つまり、デバイス画面やデスクトップ画面でユーザーが目にするのは、新しいアプリ アイコン新しい名前になります。デバイス上での Hub アプリの使用に関してお客様独自の手順書などを作成する際に新しいアプリ アイコンが必要であれば、下図のものをお使いください。 

注:Android 版および iOS 版には新機能 (Hub サービス) が追加されていますが、macOS 版および Windows 10 版では今の時点で追加機能はありません。 

Agent.png

AirWatch Agent から Intelligent Hub へのアップグレードはスムーズです

iOS 版と Android 版の Intelligent Hub アプリの一般公開に伴い、パブリック アプリ ストアに表示されている AirWatch Agent も Intelligent Hub に変わります。ユーザーが自動更新を有効にしていれば、デバイスのホーム画面に表示されるアプリも自動的に Hub アプリにアップデートされます。iOS デバイスや Android デバイスでは Intelligent Hub アプリの初回起動時に、アプリの名称変更に関するお知らせが表示されます。

macOS デバイスや Windows 10 デバイスでも、Intelligent Hub アプリへのアップデートに付随して、アプリ アイコンとアプリ名に同様の変更が発生します。

Trio.png

Agent をインストール済みのデバイスは Hub にアップグレードしても Hub の新機能を利用できるようになる以外、何も変わりません

デフォルトでは、アプリをアップグレードしても (UEM コンソールで設定を変更していなければ)、加入済みデバイスへの影響はありません。個人所有デバイスを使用するケースや共有デバイス (チェックイン/チェックアウト) を使用するケースなど、Agent を使用するユースケースはすべてサポートされます。デバイスは Intelligent Hub へのアップグレード前と同様に機能します。

アプリの UI は AirWatch Agent から改善され、管理画面には以前よりもすっきりとしたデザインが採用されています。また、新規ユーザー向けに加入フローもシンプルになっています。

Agent_Improvements.png

Intelligent Hub にはエンドユーザー向けのさらに多くのデジタル ワークスペース機能が組み込まれています

iOS 版と Android 版の Intelligent Hub には、オプションで有効にできる新機能 (機能強化された組み込みのアプリ カタログ、ユーザー ディレクトリ、[ホーム] タブ、通知など) が追加されています。これらの機能は Hub サービスを介して提供されており、Workspace ONE UEM コンソールでオプトイン機能として簡単に構成することができます。 

デフォルトでは、Intelligent Hub はデバイス管理モード (AirWatch Agent 相当のモード) で実行されます。したがって、現在の展開環境ですでに AirWatch Catalog が使用されていれば、Hub アプリにアップグレードしても、ユーザーが利用する機能に変化は生じません。 

注:Hub サービスを利用する新機能の一部は、利用に際して VMware Identity Manager が必要になります。

Experience.png

 

Intelligent Hub 導入に伴う影響

お客様環境への影響

Workspace ONE UEM をご利用のお客様の最大の疑問が「Intelligent Hub にアップグレードすると何が変わるのか」であることは想像に難くありません。

実際のところ、AirWatch Agent から Workspace ONE Intelligent Hub へのアップグレードに伴い、アプリ アイコンとアプリ名の変更に関するもの以外では、お客様側での何らかのアクションを要する変更はありません

  • 既存機能はすべて、引き続きサポート対象です。
  • UI の変更も既存のユースケースに影響を及ぼしません。
  • エンドユーザー向けの新機能はすべて、UEM コンソールで有効にするまで、デフォルトでは表示されないようになっています。

また、現在の展開形態に関しても何ら影響はありません。つまり、管理者が実施すべき変更は何もありません。

展開シナリオ アップグレード前 アップグレード後

クラウド環境またはオンプレミス環境の UEM Console

AirWatch Agent

ユーザー フローへの変更はありません。

 

Intelligent Hub は同様のユースケースをサポートしており、オンプレミス環境の UEM Console でも、クラウド環境の UEM Console でも展開することが可能です。

UEM Console を使用したネイティブ アプリ配信

AirWatch Agent を AirWatch Catalog Web クリップと併用

ユーザー フローへの変更はありません。

 

Intelligent Hub はデフォルトでデバイス管理モードで実行されます。AirWatch Catalog Web クリップも利用可能です。

統合ワークスペース

AirWatch Agent を Workspace ONE カタログ アプリ + VMware Identity Manager と併用

ユーザー フローへの変更はありません。

 

Intelligent Hub はデフォルトでデバイス管理モードで実行されます。Workspace ONE カタログ アプリ + VMware Identity Manager も利用可能です。

これらの変更に関するさらに詳しい説明は、次の「Workspace ONE Intelligent Hub 始動準備ガイド」をご覧ください。

macOS や Windows 10 などのデスクトップ プラットフォームへの影響

macOS や Windows 10 などのデスクトップ プラットフォームにおける影響の詳細は、次のナレッジベース記事を参照してください。 

 

よくあるご質問

Intelligent Hub のベータ テストに参加できますか。 

はい。今すぐにでも参加いただけます。ベータ プログラム (beta.workspaceone.com) のページを開き、「iOS Hub」または「Android Hub」のタイルを探してください。ベータ テストでは次の作業を実施することを推奨します。

  1. お客様の UAT 環境での AirWatch Agent から Intelligent Hub へのアップグレードのテスト
  2. クラウド上の弊社サンドボックス環境で利用可能な Hub サービスを使用した、サンプル データによる Intelligent Hub のテスト

さらに詳しい製品情報を入手できますか。 

はい。製品概要プレゼンテーション (機能の説明とデモ動画) (英語) をご用意しました。さらに詳しい情報は、こちらの Deep Dive プレゼンテーション (英語) を参照してください。 

どうすれば Intelligent Hub の新しいワークスペース機能を利用できますか。 

Workspace ONE UEM Console (クラウド環境またはオンプレミス環境) の次期バージョン (9.7 の次のバージョン) では、新たに Hub サービスを構成する機能が利用可能になります。管理者はこの機能を使用することで、組み込みのアプリ カタログや、VMware Identity Manager が必要な他の追加機能を有効にできます。 

ただし、UEM Console (および Identity Manager が必要なその他の機能) からアクセスされる新しい Hub サービスは、クラウド環境でホストされているものしか存在しない点に注意してください。 

Intelligent Hub の機能 クラウド環境/オンプレミス環境の UEM Console

デバイス管理モード 

どちらでも利用できます。 

新しいアプリ カタログと [ホーム] タブ 

どちらでも利用できます。

クラウド環境の Hub サービスが必要です。 

通知、ユーザー ディレクトリ、アプリ/モバイル SSO 

どちらでも利用できます。

クラウド環境の Hub サービスとクラウド環境の Identity Manager が必要です。 

どうすれば Hub サービスを有効にできますか。

Workspace ONE Intelligent Hub の機能をフルに活用してデジタル ワークスペースのサービスを展開するには、こちらの導入ガイドを参照してください。 

Intelligent Hub へのアップデートが一般公開されるのはいつ頃になりますか。

現時点では 2018 年第 4 四半期の一般公開を予定しています。ただし、変更される可能性もあります。   

 

上記以外のご質問と回答は、こちらのナレッジベース記事を参照してください。 

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Workspace ONE Intelligent Hub is Coming Soon!」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

8 Comments

Article is closed for comments.