Workspace ONE Intelligence 2018/08/06 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、Workspace ONE Intelligence 2018/08/06 リリースの新規アップデート一般公開のお知らせです。 

 

最新バージョンの新機能  

  • INTEL-6329:レポート プレビューのテキストを簡素化し、出力されるレコードの総数を表示するように変更。   
  • INTEL-6309:個々のスケジュールを区別できるよう、レポートのスケジュールに固有の名前を付けることが可能に。 
  • INTEL-6308:[レポートをスケジューリングする] 画面を簡素化し、一般的なメッセージ入力のデザインに変更。メッセージを入力するには [送信先] フィールドを指定する必要があります。 
  • INTEL-6306:ヘッダのテキストを「カスタム レポート」から「レポート」に変更。 

 

最新バージョンでのバグ修正 

  • INTEL-6366:自動化の [ServiceNow] 操作の説明フィールドを更新。 
  • INTEL-6362:[Slack] 自動化操作の [Sender] フィールドでの動的な値のサポートを廃止。 
  • INTEL-5844:[Organization Group Hierarchy] フィルタを指定する際に組織グループの全階層が表示されない問題を修正。 
  • INTEL-5148:トライアル バナーにトライアル終了日を表示。 

 

お客様にとってのメリット 

Workspace ONE UEM コンソールから、ぜひこの新規アップデートをご利用ください。[ハブ] > [Intelligence] と進み、このサービスの利用を開始する操作を実施してください。

 

互換性とインストール/アップグレード  

オンプレミス展開での要件  

Workspace ONE Intelligence Connector をダウンロード/インストールしてください。この操作により、Workspace ONE UEM コンソールで Intelligence の利用オプションが有効になります。[ハブ] > [Intelligence] から Intelligence コンソールにアクセスし、テクニカル プレビュー機能をお試しください。  

製品ドキュメント  

Workspace ONE Intelligence の製品ドキュメントについては、こちらをご覧ください。 

 

お問い合わせ 

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。 

 

敬具 

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing Workspace ONE Intelligence August 6th, 2018 Release」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.