Android サービス アプリの Workspace ONE UEM Console (AirWatch コンソール) への同梱

概要

これまで Workspace ONE UEM Console (AirWatch コンソール) には Android OEM サービス アプリがシード アプリとして同梱されてきました。これにより、Android (Legacy) 展開のデバイスは、加入時に最新バージョンのサービス アプリをコンソールから直接ダウンロードすることができました。Google Play サービスにアクセスできないデバイスにとって、このダウンロード パスは便利でした。

しかし、ユーザー エクスペリエンスのさらなる向上のために、VMware は今後 Android サービス アプリの最新バージョンを Workspace ONE UEM Console にシード アプリとして同梱/更新することを取りやめます。管理者は、加入時に Google Play ストアからサービス アプリを取得するようにユーザーに指示するか、デバイスの加入後に管理アプリとしてサービス アプリをプッシュするようにしてください。なお、サービス アプリの APK ファイルは My Workspace ONE Resource ポータルからダウンロードできます。 

 

お客様への影響

Android (Legacy) 展開を利用する環境の管理者は、加入時に Google Play ストアを使用するか加入後に Workspace ONE アプリ管理機能を使用して、OEM サービス アプリをインストールするようにしてください。 

ただし、Zebra 製デバイスは例外です。Android Enterprise を使用する Zebra 製デバイスは OEM サービス アプリを必要としないため、この変更による影響はありません。また、Zebra MX Service は Google Play ストアから入手可能で、通常はバーコードやサイドロード ステージングを使用した加入時にインストールされます。

 

対処方法 (オンプレミス環境)

オンプレミス環境の場合は以下の手順を実行することで、サービス アプリを Workspace ONE UEM Console にシード アプリとして配置することができます。

  1. My Workspace ONE Resource ポータルから OEM サービス アプリの APK ファイルをダウンロードします。
  2. APK ファイルの名前を「oem_{製造元}.apk」に変更します。{製造元} は、デバイスから返される製造元の名前に一致している必要があります。
    この製造元の名前を取得するには、デバイスをコンピュータに接続し、次の ADB コマンドを実行します。
    adb shell getprop | grep 'manufacturer'
  3. APK ファイルをコンソール サーバの E:\AirWatch\Default Website\Agents\Android フォルダにアップロードします。
  4. [設定] > [デバイスとユーザー] > [Android] > [サービス アプリケーション] で [Play ストアからサービス アプリをプッシュする] チェック ボックスをオフにします。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Seeding Android Service Applications in the Workspace ONE UEM (AirWatch) Console」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.