[解決済み] INTEL-6769:カスタム レポートの状態表示が実際の期間よりも長く「送信済み」のままになる

管理番号

INTEL-6769

 

対象バージョン

Workspace ONE UEM (AirWatch コンソール) 9.3

 

現象

カスタム レポートを作成して実行するとレポートの状態が「送信済み」のままになり、更新されるまで実際よりも余計に時間がかかります。状態が更新されるとレポートがダウンロードできるようになります。 

  

修正バージョン

この問題は VMware Workspace ONE Intelligence 2018/10/11 リリースで解決済みです。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「[Resolved] INTEL-6769: Status of Custom Reports remains in “Submitted” state for an extended period」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.