デバイス プロファイルからユーザー プロファイルへの macOS の [Dock] ペイロードの移行

Apple 社は WWDC 2018 において、macOS プロファイルのペイロードの一部を、システム コンテキストで (つまり「デバイス プロファイル」として) サポート対象外とする予定であることを発表しました。Workspace ONE UEM (AirWatch) で利用可能なデバイス プロファイルのペイロードのうち、これに該当するものは [Dock] ペイロードだけです。したがって、この [Dock] ペイロードは Workspace ONE UEM の将来のリリースで廃止される予定です。また、Apple 社の発表によれば 2019 年からは、デバイス プロファイルのペイロードとしてシステム コンテキストでこのペイロードが割り当てられた場合、macOS 上ではエラーとして扱われるようになります。 

[Dock] ペイロードを使用する場合は、ユーザー プロファイルのペイロードとして割り当てることを推奨します。

 

参考情報

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合やフィードバックをお送りいただく場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Recommended Migration from macOS Device Profile Dock Payloads to User Profile」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.