VMware Advanced Remote Management 4.4 for Android リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、VMware Advanced Remote Management 4.4 for Android の一般公開のお知らせです。

最新バージョンの新機能

  • RUGG-5027:Advanced Remote Management Server インストーラの機能を強化。
    • C:\ 以外のディレクトリにインストールできるようになりました。
    • Windows Server 2016 をサポートしています。
    • 2000 台未満のデバイス展開であれば SQL Server Express を使用できます。SQL Server Express 2012+ をサポートしています。
    • AD/DNS サーバに関する要件を軽減しました (詳細は Advanced Remote Management ガイドを参照)。
  • RUGG-5024:Advanced Remote Management 4.4 で複数のファイルとフォルダを (デバイスから PC へ) ダウンロードすることが可能に。
  • RUGG-5026:Knox が利用できない場合は「表示のみ」モードでセッションを確立することが可能に。

最新バージョンでのバグ修正

  • RUGG-4851:Honeywell CT50 デバイスでのリモート管理の問題を解消。
  • RUGG-4747:Samsung S8 Plus RM スキンが正しくないせいでソフトウェア キーの位置がずれてしまう問題を修正。
  • RUGG-4569:Advanced Remote Management インストール時の DB インストール エラーを解消。
  • RUGG-4231:Samsung SM-T285YD デバイスのリモート管理時に画面の上下が逆に表示される問題を修正。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、VMware Advanced Remote Management 4.4 for Android をダウンロードしてください。

最小要件

  • Android 4.3+
  • AirWatch Agent 7.0+
  • Workspace ONE UEM Console (AirWatch コンソール) 9.1+
  • 最新バージョンのブラウザ (Chrome、Edge、IE、または Safari)

VMware Advanced Remote Management 4.4 for Android のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合:以前プッシュしたバージョンをアンインストールしてください。続いて、下記の「以前のバージョンがインストールされていない場合」の手順に従ってください。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合:ご利用の OEM に対応するパッケージを My Workspace ONE からダウンロードし、パッケージに含まれる手順に従います。[デバイス] > [代理加入セットアップとプロビジョニング] の機能または [アプリとブック] の機能を使用して、アプリをデバイスにプッシュしてください。

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware Advanced Remote Management 4.4 for Android」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.