VMware Content Locker 1.3 for Windows リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、VMware Content Locker 1.3 for Windows の一般公開のお知らせです。

最新バージョンでのバグ修正

  • WXSCL-2038:スキャンしたドキュメントが不鮮明に表示される問題を修正。
  • WXSCL-2065:スキャンした PDF ファイルを開く際のエラーを解消。
  • WXSCL-1781:日本語のサポートを改善。
  • WXSCL-2078:言語をスペイン語に設定していると共有フォルダに対して共同所有者のロールを割り当てられない問題を修正。
  • WXSCL-1691:ビューアで [継続] モードを有効にしているとコンテンツが正しく表示されない問題を修正。
  • WXSCL-1973:ポートを指定して AirWatch 9.1.2 に接続している場合、Workspace ONE アプリから起動すると SSO エラーが発生する問題を修正。
  • WXSCL-1998:パスコード入力画面の背景にロゴと背景色が表示されない問題を修正。
  • WXSCL-2045:パスコード入力メッセージの枠線が正しく表示されない問題を修正。
  • WXSCL-2055:Windows Content Locker のログ ファイルにソース コード ファイル名がディレクトリのフルパス付きで出力される問題を修正。
  • WXSCL-2068:MixPanel 分析機能を廃止。
  • WXSCL-2079:ユーザーがいったんログアウトして再びログインしようとした場合、ユーザー認証情報を変更できない問題を修正。
  • WXSCL-2081:ダウンロード中にユーザーが試行失敗回数の上限を超えて無効なパスコードでログインを試みるとアプリがクラッシュする問題を修正。
  • WXSCL-2083:ダウンロード中にアプリをバックグラウンドに移動した後、再起動するとアプリがクラッシュする問題を修正。
  • WXSCL-2084:ユーザーがビューアの [ホーム] ボタンをタップしてホーム画面に移動した場合、ホーム画面に [戻る] ボタンが表示される問題を修正。
  • WXSCL-2089:ユーザーがアプリをフォアグラウンドからバックグラウンドに移動すると、ダウンロードが中断され、その後再開されない問題を修正。
  • WXSCL-2094:コンソールの設定で許可しているにもかかわらず、ユーザーがオフライン モードでログインできない問題を修正。
  • WXSCL-2099:ユーザーがドメインを指定せずにログインしている場合、SharePoint からコンテンツをダウンロードできない問題を修正。
  • WXSCL-2103:複数のリポジトリから同時にコンテンツをダウンロードしようとするとアプリがクラッシュする問題を修正。
  • WXSCL-2104:ウィンドウ下部のアプリ バーにファイル共有/フォルダ共有アイコンが表示されない問題を修正。
  • WXSCL-2105:パスワード保護された ZIP ファイルに対しパスワードを入力できない問題を修正。
  • WXSCL-2110:[転送] > [ダウンロード] 画面でダウンロード中のコンテンツのステータスが 0% と表示される問題を修正。
  • WXSCL-2111:デバイスの言語が英語以外に設定されていると [ユーザーを追加] ボタンが正しく表示されない問題を修正。
  • WXSCL-2115:SharePoint に一度、無効な認証情報でログインしようとすると、その後正しい認証情報を使用してもログインできなくなる問題を修正。
  • WXSCL-1996:Content Locker の [共有] > [セキュリティ設定の追加/変更] で 0 または NA 値を指定して保存するとアプリがクラッシュする問題を修正。
  • WXSCL-1768:日付の書式が、デバイスのロケール設定に従って正しく表示されない問題を修正。
  • WXSCL-1971:[通知] 画面の文字列「Download on hold for」、「Upload on hold for」、「Reason: No Internet」が翻訳されていない問題を修正。
  • WXSCL-1967:[通知] 画面の文字列「Upload failed for」および「Download failed for」が翻訳されていない問題を修正。
  • WXSCL-1965:[ヘルプ] 画面で [ログを表示] ボタンおよび [ログを共有] ボタンのローカライズ文字列が正しく表示されない問題を修正。
  • WXSCL-2053:一部のローカライズ UI 文字列が読み込まれない問題を修正。
  • WXSCL-1969:フォント指定が原因で、ファイル名やコンテンツに含まれる簡体字中国語の一部の文字が四角の記号で表示される問題を修正。
  • WXSCL-1771:言語が韓国語の場合、ファイルのコンテンツを検索できない問題を修正。
  • WXSCL-2003:ルート リポジトリ名に含まれる英語以外の文字が正しく表示されない問題を修正。
  • WXSCL-1970:ローカルのタイムゾーン設定に従って [通知] 画面に表示される以前の通知の時刻が更新されない。
  • WXSCL-1976:PDF を開き [進む] を選択したときに表示される文字列「No Outline」が翻訳されていない問題を修正。
  • WXSCL-1756:一部の文字列が英語以外の言語に翻訳されていない問題を修正。
  • WXSCL-2086:ファイルのコンテンツ検索で表示される UI 要素が正しい言語に翻訳されていない問題を修正。
  • WXSCL-1770:ファイルのコンテンツ検索で表示される UI 要素が正しい言語に翻訳されていない問題を修正。
  • WXSCL-1727:「Content」、「Personal Content」、「Local Storage」が英語以外の言語に翻訳されていない問題を修正。
  • WXSCL-1769:ファイルのコンテンツ検索で、ポップアップ メッセージが正しく表示されない問題を修正。 
  • WXSCL-1975:言語がスペイン語の場合、ビューアの UI 文字列「利用可能」に不要なコロンが表示される問題を修正。
  • WXSCL-2019:Content Locker の文字列「ダウンロード日」の翻訳を修正。
  • WXSCL-2018:Content Locker の文字列「サーバ URL が必要です」の翻訳を修正。
  • WXSCL-2021:[通知] 画面の文字列「同期が正常に完了しました」の翻訳を修正。
  • WXSCL-2022:Content Locker の文字列「同期に失敗しました」の翻訳を修正。
  • WXSCL-1966:[通知] 画面の文字列「Sync completed successfully at」および「Sync fail at」が翻訳されていない問題を修正。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、VMware Content Locker 1.3 for Windows をダウンロードしてください。 

最小要件

  • Windows 10
  • Workspace ONE UEM Console (AirWatch コンソール) 9.2+

VMware Content Locker 1.3 for Windows のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合 – プロンプトが表示されたらアプリを更新するよう、エンドユーザーに指示してください。アプリが既存のバージョンから新しいバージョンへシームレスに更新されます。企業にとって重要なデバイス機能に影響を与えることはありません。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合Microsoft Store からこのアプリをダウンロードするよう、エンドユーザーに指示してください。

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware Content Locker 1.3 for Windows」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.