Samsung 製 Android 仕事用プロファイル デバイスでのキーボードの制限

概要

Android 8.0 (Oreo) を搭載した Samsung 製デバイスを Android 仕事用プロファイル (Work Profile) モードで加入すると、デフォルトでサードパーティ製キーボードが無効になります。これは、未承認のキーボードを使用することにより企業データが Android 仕事用プロファイルの外に漏出する可能性があるという、確認済みの問題に対処するための措置です。その結果、ユーザーはネイティブの Samsung キーボードしか使用できず、他のキーボードに切り替えることもできなくなります。[設定] アプリでは他のキーボードは「管理者により無効化されています」と表示されます。この制限は仕事用プロファイル内に限らず、システム全体に適用されます。 

 

お客様への影響

Samsung 製 Android 8.0 デバイスを Android 仕事用プロファイル モードで加入した場合、ユーザーはネイティブの Samsung キーボード以外のキーボードを使用できなくなります。

 

対処方法

現時点での対処方法としては、[カスタム設定] ペイロードに次の XML を追加した Android カスタム制限プロファイルを作成することで、Samsung 製 Android 8.0 デバイスでサードパーティ製キーボードを有効にすることができます。

<characteristic type="com.airwatch.android.androidwork.restrictions" uuid="854ff38f-1fed-443d-a3aa-356fe9aa8770"><parm name="restrictKeyboardOrInputPackages" value="False" /></characteristic>

ユーザーがサードパーティ製キーボードを選択できるようにする方法についての詳細は、こちらのページを参照してください。 

 

修正バージョン 

Samsung 社によれば、将来のアップデートにおいて、IT 管理者が構成したポリシーに基づいてユーザーによるキーボードの変更が可能になるとのことです。なお、管理者は Workspace ONE UEM コンソールから Android 制限プロファイルを使用してサードパーティ製キーボードを禁止することもできます。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Samsung Android Work Profile Keyboard Restriction」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.