Zebra StageNow での特殊な記号の使用

概要

現在、StageNow バーコード加入のリレー サーバ構成に一部の特殊な記号(@、/、\、:、;、,、?、$、&、=、+)が使用されていると問題が生じることが確認されています。現時点では StageNow がこれらの記号に対応していないため、デバイスで StageNow バーコードをスキャンするとエラー メッセージが表示されます。これらの記号は多くの場合、次の設定値で使用されています。

  • FTP/FTPS のログイン パスワード
  • ドメインを含む FTP/FTPS ユーザー名(user@ftp.com、ftpdomain\user など)

 

お客様への影響

代理セットアップ構成の [リレー サーバ] > [デバイス接続] でこれらの記号を使用していると、StageNow バーコード加入で問題が発生します。この問題を回避するために、VMware は次の対処方法を推奨します。

  • FTP/FTPS のパスワードに次の文字を使用しないでください。
    @ / \ : ; , ? $ & = +
  • FTP/FTPS サーバの認証にドメイン ユーザーを使用している場合は、次の手順を実行してください。
    • デフォルト ドメインを使用するように FTP/FTPS サーバを構成します。これにより、リレー サーバ構成でドメイン名を指定する必要がなくなります。
    • [リレー サーバを編集] > [デバイス接続] に移動し、ドメイン名の部分を削除します。ユーザー名とパスワードだけを設定します。

将来的にこの問題は StageNow と Workspace ONE Console のアップデートにより解消され、リレー サーバ構成で特殊な記号の使用(ドメインの指定を含む)が可能になる予定です。 

この問題が発生するのは、[デバイス接続] の設定においてのみです。[コンソール接続] の設定を変更する必要はありません。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Zebra StageNow Special Characters」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.