クラシック Secure Email Gateway (SEG) インストーラのジェネラル サポート終了のお知らせ

概要

VMware は 2019 年 5 月 5 日をもってクラシック Secure Email Gateway (SEG) インストーラのジェネラル サポートを終了いたします。クラシック SEG インストーラは 2018 年 12 月 24 日に Resource ポータルから削除される予定です。2019 年 5 月 5 日以降、クラシック SEG の完全なサポートはご提供いたしかねますのでご了承ください。 

 

お客様へのお願い

現在、クラシック SEG をご利用のすべてのお客様は、このジェネラル サポート終了までに SEG V2 に移行していただくようお願いいたします。SEG V2 のメリットと移行方法については、こちらの「Migration」(移行) についてのセクションと『Secure Email Gateway (SEG) Guide』を参照してください。 

新しい「V2 プラットフォーム」では、既存の SEG アプリケーションをしのぐ、大幅なパフォーマンス向上が実現されています。

この SEG V2 プラットフォームは、既存の SEG サーバ上に簡単に展開でき、既存の MEM 展開構成を利用することができます。エンドユーザー側で特別な操作は必要ありません。SEG V2 プラットフォームへの移行の詳細は、『Secure Email Gateway Guide』(Secure Email Gateway ガイド) の「Migration」(移行) についてのセクションを参照してください。

注:

  • SEG V2 プラットフォームは、最小限のダウンタイムで、既存の SEG サーバにインストールできます。 
  • アップグレード時にプロファイルの変更やエンドユーザー側での操作は必要ありません。
  • SEG で実現可能なすべてのユースケースが、SEG V2 でも同様にサポートされています。詳細は、SEG ガイドの機能比較表を参照してください。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「End of General Support for Classic Secure Email Gateway (SEG) Installer」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

2 Comments

Article is closed for comments.