Windows Mobile 向け VMware Workspace ONE MDM Agent 6.5.2 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、Windows Mobile 向け VMware Workspace ONE MDM Agent 6.5.2 の一般公開のお知らせです。

最新バージョンの新機能

  • WMAGNT-3942: AWCM の機能を廃止。
  • Windows Mobile/CE デバイスに対するファイル/タスク/レジストリ マネージャ機能での認証における不具合に起因し、AirWatch 環境内の特定の加入済みデバイスに関する知識を有する攻撃者は、AirWatch Cloud Messaging (AWCM) を使用するように構成されているデバイスに対し、ファイルの追加/削除、コマンドの実行、レジストリ キーの値の変更をリモートで行うことができます。この脆弱性に対する解決策として、Agent のこのバージョンでは該当機能を廃止しました。詳細は、こちらを参照してください。 

最新バージョンでのバグ修正

  • WMAGNT-3940: メタ ファイルのデータと実際のファイルのデータが同じファイルに書き込まれる問題を修正。
  • WMAGNT-3939: 企業情報ワイプを実行しても残存ドライブ上の CA 証明書が削除されない問題を修正。

お客様にとってのメリット

WMAGNT-3942 でのセキュリティ脆弱性への対応を反映するために、Windows Mobile Agent をこの最新バージョンにアップグレードしていただくよう、すべてのお客様にお願いいたします。これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、Windows Mobile 向け VMware Workspace ONE MDM Agent 6.5.2 をダウンロードしてください。

最小要件

  • Windows Mobile 5.0+ または Windows CE 5.0+

Windows Mobile 向け VMware Workspace ONE MDM Agent 6.5.2 のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合:以前のバージョンがすでにデバイスにインストールされている場合は、Agent をアップグレードしてください。アップグレードの手順については、『Windows Mobile Platform Guide』(Windows Mobile プラットフォーム ガイド) を参照してください。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合:以前のバージョンがデバイスにインストールされていない場合は、次の方法で入手できます。
    • SaaS 環境の場合:Web ベースの加入プロセスに従い Workspace ONE UEM Console からインストールするか、Console から CAB ファイルを入手してサイドロードしてください。または、プロダクト プロビジョニング セクションで、サイドロード ステージング、バーコード加入 (Motorola 製デバイスのみ)、オンデマンドなどの各種代理セットアップ方式を利用してください。詳細については、ユーザー ガイドを参照してください。
    • オンプレミス環境の場合:Resource ポータルからダウンロードしてください。

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、貴社のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware Workspace ONE MDM Agent 6.5.2 for Windows Mobile」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.