VMware AirWatch ICAP-Proxy ジェネラル サポート終了のお知らせ

背景

VMware AirWatch ICAP-Proxy は、Content Gateway やリモート ファイル ストレージ (RFS) に対してアップロード/ダウンロードされるファイルにウイルス スキャンを実行する機能です。

VMware は 2019 年 5 月 8 日をもって、この機能のジェネラル サポートを終了いたします。

 

お客様への影響

Workspace ONE UEM Console 上で Content Gateway や RFS に対して構成した ICAP-Proxy をご利用のお客様は、ジェネラル サポート終了日までは引き続き同機能をご利用いただけます。

VMware では、このような利用シナリオをサポートする代替ソリューションをご用意しておりません。貴社のファイル共有やリポジトリに構成可能な、標準的なウイルス スキャン手順に従っていただくようお願いいたします。

ジェネラル サポート終了日 (2019 年 5 月 8 日) 以降にリリースされるバージョンの Console では、この機能は完全に無効化されます。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、貴社のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「End of General Support for VMware AirWatch ICAP-Proxy」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.