SaaS 環境向け Workspace ONE UEM Console 9.4 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、SaaS 環境での Workspace ONE UEM Console 9.4 リリースのお知らせです。SaaS 環境は適宜、Workspace ONE UEM Console 9.4 にアップグレードされます。ご利用の環境のアップグレード予定については、My Workspace ONEMy Company ページでご確認ください。 

オンプレミス環境向けの Workspace ONE UEM Console 9.4 は今後、数週間でリリースされる予定です。利用可能になり次第、別の記事としてお知らせします。 

リリース ハイライト

  • PPAT-2835: Windows Tunnel で VPN ロックダウンを有効にするオプションを追加。
  • PPAT-2079: Tunnel アプリのダウンタイムなしで SSL 証明書のローテーションが可能に。
  • PPAT-1391: macOS Tunnel でのサード パーティ製アプリのサポートを追加。
  • FCA-185224: AirWatch コンソールの名称を Workspace ONE UEM Console に変更。
  • FCA-182694: Office 365 アプリの迅速かつ簡単なセットアップと割り当てが可能に。
  • CMSVC-5742: 最新の Office 365 DLP ポリシー構成をサポート。
  • CMEM-182752: Google Sync を使用する Gmail のサポートを SEG V2 に追加。
  • AGGL-2794: Android デバイスの既定の管理タイプを Android for Work に変更。
  • AAPP-4784: プロファイルに F5 Access VPN 構成オプションを追加。
  • AAPP-4767: Touch ID によるロック解除、コンテンツのキャッシング、iCloud デスクトップ/ドキュメントなどに関する複数の macOS 機能制限をサポート。

 

さらに詳しい情報は、オンライン ヘルプの「Workspace ONE UEM 9.4 リリース ノート」を参照してください。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing Workspace ONE UEM Console 9.4 for SaaS」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

3 Comments

Article is closed for comments.