AirWatch 管理 AppConfig のサンプル - Cordova

Cordova では、AirWatch などの EMM プロバイダに加入したデバイス上で、管理対象の AppConfig (アプリケーション構成) を取得するためのプラグインがいくつも利用可能です。そのようなプラグインの安定版のひとつが Oracle 社からも提供されています。このプログインは NPM を使用してダウンロードできます。AppConfig の設定は、MDM プロトコルを使用してデバイスに送信されます。これを行うには、 AppConfig を利用できるように、AirWatch コンソールで該当アプリを適切に構成しておく必要があります。Cordova プラットフォームで管理 AppConfig を利用するための、以下の要件を確認してください。

  • 管理 AppConfig 用の iOS/Android ネイティブ コードを呼び出すプラグインを Cordova アプリに統合してください。アプリ開発時に、Google 社および Apple 社のガイドラインに従って、管理 AppConfig 用のネイティブ コードを自身で記述することも可能です。
  • 対象の Cordova アプリを AirWatch 加入済みデバイスに割り当ててください。
  • Android の場合は、対象アプリを Google Play ストアからもプッシュできるように、AirWatch の Android 統合ガイドの説明も参照してください。

 

管理 AppConfig をサポートする Cordova アプリの開発

貴社の Cordova アプリに EMM AppConfig プラグインを追加する

cordova plugin add cordova-plugin-emm-app-config --save

 

管理 AppConfig のパラメータを取得する

document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
function onDeviceReady() {
     console.log(cordova.plugins.EmmAppConfig.getValue("keyName"));
}

 

サンプル アプリ

管理 AppConfig の実装例は、AirWatch が提供する Cordova AppConfig サンプル アプリを参照してください。実装例は、AppConfigCordovaSample/www/js/index.js の中にあります。

 

AirWatch での Cordova ベース iOS アプリへの管理 AppConfig の公開

手動での操作:AirWatch 管理者は、次の手順に従って、企業アプリに管理 AppConfig をプッシュできます。

  1. 社内アプリの詳細表示画面で 割り当て をクリックします。 
  2. スマート グループを選択し、編集 をクリックします。
  3. 画面を下にスクロールし、アプリケーション構成 を有効にします。
  4. アプリに必要な構成キーと構成値の組み合わせを入力します。この構成キーは、開発者がアプリに実装したキー/値の組み合わせに一致している必要があります。
  5. 保存して公開 をクリックして変更を保存/公開します。

XML のアップロード:AirWatch 管理者は、キー/値の組み合わせを含む XML ファイルをアップロードして、管理 AppConfig をプッシュできます。

  1. 社内アプリの詳細表示画面で 割り当て をクリックします。
  2. スマート グループを選択し、編集 をクリックします。
  3. 画面を下にスクロールし、アプリケーション構成 を有効にします。
  4. XML をアップロード をクリックします。
  5. 保存して公開 をクリックして変更を保存/公開します。

注:このオプションは AirWatch 9.1 から利用可能です。この XML のスキーマの例を以下に示します。bundleId の値を貴社企業アプリのバンドル ID に置き換え、構成キーと構成値を変更してください。

<managedAppConfiguration>
     <version>1</version>
     <bundleId>com.vmware.gss.AirWatchAppConfigSample</bundleId>
     <dict>
          <string keyName="awservername">
               <defaultValue>
                    <value>server.awmdm.com</value>
               </defaultValue>
          </string>
     </dict>
</managedAppConfiguration>

 

AirWatch での Cordova ベース Android アプリへの管理 AppConfig の公開

AirWatch 管理者は、次の手順に従って、企業アプリに管理 AppConfig をプッシュできます。

  1. アプリケーション > ネイティブ > パブリック > アプリケーションを追加 と進み、Google Play ストアからアプリをインポートします。
  2. 割り当ての追加 画面で アプリケーション構成 を有効にします。
  3. アプリに必要な構成キーと構成値の組み合わせを入力します。この構成キーは、開発者がアプリに実装したキー/値の組み合わせに一致している必要があります。
  4. 保存して公開 を選択します。

 

AirWatch 管理者は、次の手順に従って、企業アプリの管理 AppConfig を更新できます。

  1. アプリケーションの 編集 > 割り当て > アプリケーション構成 と進み、管理 AppConfig の該当キーに対する値を更新します。
  2. 保存して公開 を選択します。
  3. アプリの詳細表示画面に戻り、さらに > アプリケーション構成を送信 をクリックします。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「AirWatch Managed AppConfig Sample - Cordova」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.