iOS 11.3 における、管理対象外からの管理対象連絡先へのアクセス禁止

概要

iOS 11.3 では Apple 社により、既存の MDM 制限下での挙動に関するセキュリティの強化が図られています。iOS 11.3 よりも前の iOS では、管理対象のアプリ/連絡先のデータが管理対象外に漏出するのを禁止する MDM 制限を適用している場合でも、連絡先のデータはこの制限の適用外でした。この制限適用の例外により、ユーザーは VMware Boxer などの管理アプリから連絡先にアクセスし、WhatsApp やネイティブの連絡先アプリなどの個人用アプリにデータを転送することができていました。 

 

お客様への影響

iOS 11.3 にアップグレードしたデバイスでは、この制限の適用が変更されます。その結果、管理アプリの連絡先もこの制限の対象となり、ユーザーはデバイス上の管理外の場所からこのデータにアクセスできなくなります。この制限適用の例外が取り除かれたことで、デバイス管理のセキュリティはより強固なものになりました。

貴社の AirWatch 展開ですでにこの制限を利用しているのであれば、今回の変更のメリットを貴社 iOS 11.3 デバイスに取り入れるために必要な作業はありません。下図に、この制限を設定するための UI を示します。

iOS_11.3.png

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、貴社のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Managed contacts are no longer accessible in unmanaged destinations with iOS 11.3」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.