Content Locker でのファイル暗号化の変更

背景

AirWatch 管理者はこれまで、VMware Content Locker でダウンロードされるファイルの暗号化のオン/オフを切り替えることができていました (Workspace ONE UEM Console の 暗号化を強制 オプション)。Android 向け Content Locker 3.13 および iOS 向け Content Locker 4.13 では、より強力なセキュリティを実現するため、この 暗号化を強制 の設定は参照されなくなります。すでにダウンロードされているファイルも、新たにダウンロードされるファイルも、Content Locker により自動的に暗号化され、セキュアなコンテナ内に格納されます。

 

お客様への影響

セキュリティ強化のため、貴社デバイスにインストールされている Content Locker を最新バージョン (Android 向け 3.13 および iOS 向け 4.13) にアップグレードすることを推奨します。Workspace ONE UEM Console でリポジトリを構成し直す必要はありません。

Content Locker アプリのアップグレード後、初回の起動時に、まだ暗号化されていないダウンロード済みファイルのすべてに対して、暗号化処理が自動的に実行されます。アプリ データの更新状況は通知バーに表示されます。暗号化処理完了までに要する時間は、デバイス上の未暗号化ファイルの数とサイズに依存します。暗号化処理が完了するまで、ユーザーはサーバ上の新しいコンテンツを同期できない点に注意してください。Workspace ONE UEM Console での設定に関係なく、この暗号化処理完了後に新たにダウンロードされるコンテンツはすべて、暗号化されて保存されるようになります。

注:Workspace ONE UEM Console 9.4 よりも後の Console リリースでは 暗号化を強制 オプションが取り除かれる予定です。バージョン 3.13 未満の Android 向け Content Locker をご利用の場合は、9.4 以降の Console アップグレードに備え、Content Locker をバージョン 3.13 以降にアップグレードしてください。 

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、貴社のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Changes to File Encryption in Content Locker」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

2 Comments

Article is closed for comments.