AAPP-4654: macOS X で「復旧キーの変更失敗」

管理番号

AAPP-4654 

 

対象バージョン

macOS Agent 2.4.1

 

現象

暗号化された Mac で復旧キーを変更 (fdesetup による手動での変更またはスクリプトによる変更) した場合、変更された復旧キーは macOS Agent 2.4.1 を介して AirWatch コンソールにエスクローできます。しかし、Agent で同期を実行しても「無効な復旧キー」ウィンドウが表示されます。パスワードを入力してもエラー メッセージ「復旧キーの変更失敗」が表示されます。

 

修正バージョン

この問題は Apple 社に報告済みです。問題解決を確認でき次第、この記事を更新してお知らせします。AppleCare サポート アカウントをお持ちの場合は、この問題への対応状況について、直接 Apple 社に詳細をお問い合わせいただくこともご検討ください。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「AAPP-4654: Recovery key Change failure in macOS X」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.