AirWatch コンソール 9.3 リリースのお知らせ

VMware AirWatch チームから、SaaS 環境での AirWatch 9.3 リリースのお知らせです。SaaS 環境は適宜、AirWatch 9.3 にアップグレードされます。ご利用の環境のアップグレード予定については、myAirWatchMy Company ページでご確認ください。

リリース ハイライト

  • AAPP-4574: 管理者は最長で 90 日間、通知を抑制することにより、iOS/macOS デバイス上でユーザーによる OS アップデート実行を制限することができるようになりました。
  • AAPP-4378: ドメインに参加していないデバイスでも、ディレクトリ ユーザーかどうかにかかわらず、すべてのユーザーが macOS デバイスをチェックアウトできるようになりました。
  • AAPP-2484: macOS High Sierra デバイスでの FileVault 暗号化の復号に使用するパーソナル リカバリ キー (パーソナル復旧キー) の管理とエスクローが可能になりました。
  • AMST-3767: Windows 10 デバイスでの Agent 加入プロセスを改善しました。ログインしているユーザーでのサイレント加入が可能になり、代理セットアップ ユーザーの切り替えに失敗した場合のフォールバック処理も追加されました。
  • AMST-5462: Windows 10 デバイスでの Windows 更新プログラム管理設定に、新規ブランチの追加、再起動の通知、配信最適化の各機能を追加しました。
  • DELL-104: Dell Command | Update のサポートにより、対象 Dell 製デバイス上でのファームウェア、ドライバ、アプリケーションなどの更新が可能になりました。
  • DELL-107: Dell Command | Monitor との統合強化により、管理者は対象 Dell 製デバイスのシステム情報を取得したり、BIOS 設定を取得/設定したりすることが可能になりました。
  • FCA-184648: AirWatch コンソールにログインしている Workspace ONE 管理者は、シングル サインオン (SSO) 機能を利用して VMware Identity Manager 管理コンソールにアクセスできるようになりました。
 

さらに詳しい情報は、オンライン ヘルプの「AirWatch 9.3 Release Notes」(AirWatch 9.3 リリース ノート) を参照してください。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing AirWatch Console 9.3」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.