ActiveSync クライアントの一部でカスタム URL リンクが機能しない

背景

Microsoft Exchange の既定のトランスポート ルールでは、ActiveSync で HTML エンコーディングを使用して取得する E メール コンテンツに対し、自動的に迷惑メール検出と URL 無害化 (サニタイズ) を実行するように設定されています。これにより、E メール ドメイン外から送信された E メールに含まれるリンクは無効化され、クライアントには空のリンクを含む E メールが送付されます。この種の無害化対象リンクの代表的なものとしては、RSA サーバからの E メールに含まれる、RSA アプリにインポートするための新規トークンへのリンクがあります。それ以外でも、企業の E メール ドメイン外から送信された標準的でないリンクは、無害化され E メールから削除されます。 

例:

  • 元のリンク:<a href=3D"com.rsa.securid://ctkip?url=3Dhttps://rsp.company_domain.com/tokens">
  • 無害化されたリンク:<a href=" ">

 

お客様への影響

下記の構成キー/値を適用するまで、ユーザーは E メール ドメイン外から送信された RSA リンクなどのカスタム URL リンクを、Boxer を使って開くことができません。

 

iOS 向け Boxer 4.10+ を使用しているデバイスでの対処方法

AirWatch コンソールで Boxer のアプリケーション構成に次のカスタム構成キー/値を追加してください。

  • 構成キー:AppRefetchEmptyLinksUsingMime
  • 構成値:true

注:この対処方法を実施することで、iOS 向け Boxer 4.10+ を使用しているすべてのデバイスで、この問題を解決できます。上記のアプリケーション構成を適用すると、Boxer は該当 E メールを自動的に検出し、MIME エンコーディングを使用してメッセージを取得し直すようになるため、E メール内のリンクが無害化されることを回避できます。

Android 向け Boxer を使用しているデバイスでの対処方法

Android 向け Boxer での対処方法については、現時点ではまだ開発段階です。Android 向け Boxer の将来のバージョンで提供される予定です (管理番号 BINXA-6523)。

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、貴社のサポート ラインにご連絡ください。  

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Custom URL Links do not function in some ActiveSync clients」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.