[解決済み] CMSVC-5557: AirWatch コンソールを 9.2.3 にアップグレードすると SAML 認証がエラーになる

対象バージョン

AirWatch 9.2.3

 

ID

CMSVC-5557 

 

現象

LDAP を構成していない場合 (設定 > システム > エンタープライズ統合 > ディレクトリ サービスサーバ > LDAP > ディレクトリ タイプ を「なし」に設定している場合)、AirWatch コンソールを 9.2.3 にアップグレードすると、認証エラーにより SAML 認証ができなくなることがあります。その結果、管理者は AirWatch コンソールやセルフ サービス ポータル (SSP) での認証を行うことができなくなります。また、ユーザーが新しいデバイスを加入する際にも問題が生じる可能性があります。

 

修正バージョン

この問題は AirWatch 9.3 で解決済みです。 

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「[Resolved] CMSVC-5557: SAML configuration after AirWatch Console 9.2.3 upgrade may fail to authenticate」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.