Office 365 への TLS 1.2 の実装に対する準備

Microsoft サポート記事のお知らせで述べられているように、2018 年 10 月 31 日、Microsoft Office 365 は TLS 1.0 と 1.1 のサポートを無効化します。2018 年 10 月 31 日以降、すべてのクライアント/サーバ間、ブラウザ/サーバ間の通信で Office 365 サービスに正常に接続するためには、TLS 1.2 以降のバージョンの TLS プロトコルの使用が必須になります。さらに、クライアント/サーバまたはブラウザ/サーバの特定の組み合わせについては、更新が必要になる場合もあります。 

こちらの VMware AirWatch ナレッジベース記事の説明にあるように、Windows Server での TLS 1.2 の問題に対処するため、Workspace ONE UEM Console (AirWatch コンソール) 8.x 以降、AirWatch サーバの TLS 1.2 は既定で無効に設定されています。

しかし、Office 365 での TLS 1.2 必須化の変更に伴い、VMware AirWatch は Workspace ONE UEM Console (AirWatch コンソール) の今後 (9.2.3 よりも後) のリリースすべてにおいて、TLS 1.2 を既定で有効に戻します。また、それ以前のサポート対象バージョン (9.0+) をご利用のお客様には、この変更を行うためのユーティリティを提供いたします。コンソール バージョン 9.0+ の AirWatch サーバでこのユーティリティを実行すると、必要な web.config および app.config のすべてが更新されます。さらに、特定のサーバにおいて、Microsoft サポート記事「Transport Layer Security (TLS) registry settings」に記載されたレジストリで TLS 1.2 が無効になっているかどうかも管理者に報告されます。  

AirWatch コンポーネント Office 365 コンポーネント

Secure Email Gateway (SEG)

Office 365 Exchange ActiveSync

Content Locker/Content Gateway

SharePoint Online または OneDrive for Business

Workspace ONE UEM (AirWatch) コンソール

以下の目的での Microsoft Graph API の利用:

  • Windows 10 加入
  • Azure 更新トークンの失効
  • Office 365 アプリの DLP 設定 (ベータ版)

Email Notification Service

Office 365 Exchange Web Services

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、お客様の地域のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Preparing for the mandatory use of TLS 1.2 in Office 365」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

2 Comments

  • 0
    Avatar
    K. Izumi

    記事を更新しました - 2018-02-09 01:11 UTC

  • 0
    Avatar
    K. Izumi

    記事を更新しました - 2018-02-19 00:37 UTC

Article is closed for comments.