カスタム レポートの新しいユーザー エクスペリエンス

背景

AirWatch 9.2 で導入されたカスタム レポートは、今回のリリースでそのデザインが一新されました。この変更に合わせ、カスタム レポート機能へのアクセスも ハブ > Intelligence へと変わりました。 

Picture1-1.png

また、下記のスクリーンショットに示すように、カスタム レポート画面のデザインも新しくなっています。

Picture1.png 

お客様への影響

SaaS 環境で AirWatch 9.2.2、9.2.1、または 9.2 をご利用の場合、各環境でカスタム レポート機能が有効になるまで、カスタム レポート メニューはこれまでどおり ハブ > レポートおよび分析 > カスタム レポート に表示されます。 

AirWatch 9.2.3 をご利用の場合、カスタム レポート メニューは ハブ > Intelligence に表示されます。  

 

追加情報

カスタム レポートについてのさらに詳しい情報は、下記のナレッジ ベース記事やリソースを参照してください。

 

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、貴社のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「New User Experience for Custom Reports」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.