iOS 向け VMware® Content Locker 4.12 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、iOS 向け VMware Content Locker 4.12 の一般公開のお知らせです。

最新バージョンの新機能

  • ISCL-175815: 撮影時間を短縮するためにカメラの撮影機能を刷新。
  • ISCL-175945: Google ドライブ、OneDrive、および Box での先進認証に対応。
  • ISCL-176086: ベータ期間中、アプリ内の 設定 からフィードバックを送信する機能を追加。

最新バージョンでのバグ修正

  • ISCL-175739: コンテンツが自動的にダウンロードされない問題を修正。
  • ISCL-176227: 繁体字中国語での「ホーム」の翻訳を修正。
  • ISCL-176134: 一部のデバイスにおいて他の AirWatch アプリから Content Locker でドキュメントを開けない問題を修正。
  • ISCL-176197: ダウンロード中に Content Locker が応答しなくなる (エラー 416 が出力される) 問題を修正。
  • ISCL-176045: Polaris でテキストをコピーし、すぐに貼り付けを行うと、Content Locker がクラッシュする問題を修正。
  • ISCL-176087: iOS 11 デバイスにおいて E メールに添付された .wav ファイルを開けない問題を修正。
  • ISCL-176038: iOS 11 デバイスにおいて、デバイスがジオフェンス エリアの外に位置する場合でも、ユーザーがアプリにアクセスできてしまう問題を修正。
  • ISCL-176097: 企業情報ワイプ後にフォルダを作成しようとするとアプリがクラッシュする問題を修正。
  • ISCL-176146: Web 加入の場合、アプリをアップグレードすると DOC 拡張機能を使用してドキュメントをエクスポート/インポートできなくなる問題を修正。
  • ISCL-176112: コンテナ トークン加入の場合、DOC 拡張機能を使用して個人コンテンツまたは AirWatch コンテンツからファイルを開けない問題を修正。
  • ISCL-176144: スキャンした PDF の特定のページが正しく表示されない問題を修正。
  • ISCL-175947: アプリのアップグレード後に PDF ファイルを開けなくなる問題を修正。
  • ISCL-175711: Polaris ドキュメントでのメモリ不足エラーを解消。
  • ISCL-176064: 編集内容を保存しないと Polaris ファイルを E メールで送信できない問題を修正。
  • ISCL-175937: 「タイトルとグラフ」レイアウトを使用している PPT ファイルを開くとアプリがクラッシュする問題を修正。
  • ISCL-175848: Excel ファイルを正しく表示できない問題を修正。
  • ISCL-176077: 最上位レベルに配置されたコンテンツが自動的にダウンロードされない問題を修正。
  • ISCL-175717: PDF フォーム内のテキスト フィールドの問題を解消。
  • ISCL-176046: iOS 11 デバイスにおいてファイルをファイル アプリに保存できない問題を修正。
  • ISCL-176090: パスコード入力で試行失敗回数の上限を超えても企業情報ワイプが実行されない問題を修正。
  • ISCL-176168: iOS 11 デバイスにおいて、オフライン モードの場合、保存ダイアログが閉じない問題を修正。
  • ISCL-176167: 保存ダイアログで保存先の名前が表示されない問題を修正。
  • ISCL-176027: 認証タイプを ユーザー名とパスワード に設定していると、ユーザーがバックグラウンド通知をタップしても通知ダイアログが表示されない問題を修正。
  • ISCL-175505: アプリを強制終了するとブックマークへの変更が保存されない問題を修正。
  • ISCL-176096: 企業情報ワイプを実行すると転送ファイル数が表示されなくなる問題を修正。
  • ISCL-176019: 7 つのドキュメントをお気に入りに追加し、デバイスを横向きにして画面をスクロールすると、アプリがクラッシュする問題を修正。
  • ISCL-175939: Excel ファイルで一部のチャート (グラフ) が追加できない問題を修正。
  • ISCL-175935: 変更履歴の記録を有効にしたドキュメントの 変更を表示 ダイアログで 反映して次へ進む を選択しても次の変更箇所に移動しない問題を修正。
  • ISCL-175942: 保護されたシートでロック解除されたセルを選択すると「保護されたシートは編集できません」というエラーが表示される問題を修正。
  • ISCL-176063: 認証タイプを「パスコード」に設定しているにもかかわらず、ログには認証タイプが「password」と出力される問題を修正。
  • ISCL-175306: iOS 10 を搭載した iPad において特定のコンテンツ カテゴリをスクロールするとアプリがクラッシュする問題を修正。
  • ISCL-175960: IRM PDF ファイルを編集すると 次の方法で開く ダイアログ ボックスを使用できない問題を修正。
  • ISCL-176196: 制限文字を含む名前が付いたメディア ファイル/フォルダを作成できてしまう問題を修正。
  • ISCL-175180: AirWatch コンソールで設定を有効に戻してもアプリに サインイン状態を保持する オプションが表示されない問題を修正。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、iOS 向け VMware Content Locker 4.12 をダウンロードしてください。 

最小要件

  • iOS 9+
  • AirWatch 9.0+

iOS 向け VMware Content Locker 4.12 のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合 – プロンプトが表示されたらアプリを更新するよう、エンドユーザーに指示してください。アプリが既存のバージョンから新しいバージョンへシームレスに更新されます。企業にとって重要なデバイス機能に影響を与えることはありません。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合 – App Store から Content Locker をダウンロードするよう、エンドユーザーに指示してください。

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

 

敬具

AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware® Content Locker 4.12 for iOS」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.