9.2 Linux Content Gateway での「InternalServerErrorException: Failed to create process」

対象バージョン

9.2 Linux Content Gateway

 

現象

Linux Content Gateway をバージョン 9.2 にアップグレードすると、一部のケースでリポジトリへの接続テストに失敗するようになることがあります。この問題が発生すると、すでに構成済みのリポジトリとの間でコンテンツが同期されなくなります。この場合、Content Gateway エンドポイント ログに次のエラーが出力されます。

ContentGatewayRequestImpl - Error status code 500 for POST request with URI https://ContentGatewayEndpointURL:443/Content/RepositoryStructureHandler.ashx. Reason: com.airwatch.enterprise.content.protocol.InternalServerErrorException: Failed to create process.

  

解決方法

サーバ構成時に Content Gateway のインストールと並行して依存パッケージ libprotobuf、libgnutls、および log4cpp がインストールされておらず、これらのライブラリが利用できない状態になっていると、このエラーが発生します。protobuf とその依存パッケージを手動でインストールするには、次の手順を実行してください。

(CentOS/RHEL の場合)

  • yum install epel-release
  • yum install -y protobuf
  • yum install -y gnutls
  • yum install -y log4cpp

protobuf とその依存パッケージの手動インストールが完了したら、次のコマンドを実行して Content Gateway を再起動します。

service content-gateway restart

注:手動インストールを実行したら、インストールされた protobuf とその依存パッケージのバージョンを確認してください。

  • libprotobuf: 2.5
  • libgnutls: 3.3
  • log4cpp: 1.1.1

上記の手順でこれらのバージョンがインストールされなかった場合は、以下の URL から直接 RPM をインストールすることを推奨します。

http://mirror.centos.org/centos/7/os/x86_64/Packages/ 

http://ftp5.gwdg.de

免責事項:これは英文の記事「9.2 Linux Content Gateway “InternalServerErrorException: Failed to create process”」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Please sign in to leave a comment.